FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 witten by shing
今回はあくまで一般的な映画として高い評価を得た本作品がセレクトされたわけですが、
典型的なハリウッド映画というフィールド内で見たとき、やはり万人に納得させ感動させるつくりになっていたと思います。

極端な話、前衛だったりシュールな映画は監督の意図や思い入ればかりが先行し、役者には生気がなくただ思いのままに動かされている人形にすぎない。という側面も否めないわけで、一概にどちらかがいいとも言えず、映画そのものの評価は見る側の器量にかかっていたりもします。


とはいえ一流の役者の演技や撮影技術はやはり製作側の人間にとっては勉強になることには変わりはないとおもいます。ストーリー構成に対してはベタ過ぎるためにとくに見習うところはないけど、ハリウッドのそんな構成は今に始まったことではなく、そこは巨額をつぎこんだスケール感やこれ見よがしに抒情的な音楽でカバーする・・・

見方ひとつで評価も変わってくるのでしょうが、作品に対する個々の役者のポテンシャルを考えて70/100を付けたいと思います。
スポンサーサイト
【2008/05/31 17:54】 | 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 witten by nak
1WM 5回目の作品は、「イングリッシュ・ペイシェント」

160分という長い超大作
原作・脚本・スタッフ・キャストどれも一流の人間が手掛けている究極のラブストーリー
おそらく大多数の人間の観たい映画ど真ん中なのではないだろうか

ほとんど謎に包まれていた火傷をおった患者がストーリーが進むにつれて、その全貌が少しずつ
明らかになってくるというもっていき方はさすがと言える
また、knrさんも言っている通りロウソクを使用した道しるべ・空中で壁画観覧のシーンは
映像的にも素晴らしかった

しかし、究極のラブストーリーと言えるが裏を返せばただのラブストーリー
160分という時間はあまりにも長く、これだけ時間をかけ無ければ表現できなかったのだろうか
映画の長さとは裏腹に、この映画を観終わった後の感想を言うのに、それ程多くの時間は必要
無いだろう

映画は観る人の環境や考え方、経験などによって観え方が大きく違ってくる
環境や考え方が主人公と類似していれば、その映画に対し非常に感情移入できるものである
そういう意味では、今回の映画は壮大すぎて感情移入が難しかった

素晴らしい映画であることは間違いない
いろいろ考慮し採点するとしたら、65点をつけたい
【2008/05/25 12:16】 | 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 witten by knr
nak 今回もハリウッド映画の選出
もちろん、nakさんにはそれを期待しているし、
前回の「硫黄島からの手紙」も良かったし、期待をして本作を観ました

結論
ちょっとこれはダメでした・・・ というか自分には見る必要のない映画でした
必要の無いというのは、少しオーバーな表現かもしれませんが、
私が想像していた(過去に経験したとも言えます)ハリウッド映画なのです
プロット、製作費、ストーリー、どれも大掛かりで「真の娯楽」と言える作品
もちろん、軟弱なOL相手の映画(映画とは言えないか・・・)よりは遙かに良い映画ですし、
ロウソクを使用した道しるべ・空中で壁画観覧・全体の構成など面白いところもありました
ただ・・・ 語るべきこと、語り合えることが何もなかった・・・
私にとってこの映画は「ながら」で観てもよい映画でした
厳しい言葉になりますが、これは大掛かりで大袈裟な戦中オブラートで包んだ不倫映画
採点は、50/100

長い長い超大作(アカデミーで9部門受賞!)でしたが、
短い感想しか持てない自分にとっては残念な映画でした。
【2008/05/18 22:25】 | 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 selected by nak
005

「イングリッシュ・ペイシェント」

【スタッフ】
監督: アンソニー・ミンゲラ
原作: マイケル・オンダーチェ
音楽:ガブリエル・ヤーレ
脚本:アンソニー・ミンゲラ

【キャスト】
レイフ・ファインズ、ジュリエット・ビノシュ、
クリスティン・スコット・トーマス、ウィレム・デフォー、
コリン・ファース 、ナヴィーン・アンドリュース、
ユルゲン・プロフノウ、ケヴィン・ウェイトリー、
ニーノ・カステルヌオーヴォ、ジュリアン・ワダム

【作品データ】
製作年度: 1996年/製作国・地域: アメリカ/上映時間: 162分

【解説】
第二次大戦を挟む激動の時代、二つの大陸にまたがって繰り広げられる
愛のロマンを描く、官能的な映像叙事詩。
世界で最も権威ある文学賞といわれるイギリスのブッカー賞を受賞した
マイケル・オンダーチェの長編小説『イギリス人の患者』を、
「最高の恋人」のアンソニー・ミンゲラの監督・脚本で映画化。
主演は「ストレンジ・デイズ 1999年12月31日」のレイフ・ファインズ、
「ミッション:インポッシブル」のクリスティン・スコット=トーマス、
「カウチ・イン・ニューヨーク」のジュリエット・ビノシュ。
第69回アカデミー賞で監督賞、助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)、
美術賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、編集賞、オリジナル作曲賞、
音響賞の9部門を受賞。第54回ゴールデン・グローブ賞で作品賞、
オリジナル作曲賞を受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第5位。

【あらすじ】
第二次世界大戦下の、北アフリカを舞台にした作品。
撃墜されたイギリスの飛行機から、全身に火傷を負った男が助け出された。
記憶を失っていたために“英国人の患者”と呼ばれることになった彼は、
収容された野戦病院で看護婦ハナの介護を受け、少しづつその記憶を回想する。
それは人妻との、砂漠での熱狂的な恋の物語だった……。
【2008/05/18 12:14】 | 005 「イングリッシュ・ペイシェント」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。