FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 written by shing
政治的なあるいは思想的なジャンル分けされるところでの社会派映画というのはずっといままで敬遠してきたように思う。

とりわけ現存たる歴史的事実や葬られた過去を、映像、もしくは映画によって告発するとうのはドキュメンタリーのジャンルの専売特許と決めつけている節があったのかもしれない。

結果、若松孝二はもっと早くに体験しておくべき作家だったということに気づかされたが、本作は彼の集大成的な作品に位置づけてもよさそうなので、時期としてはよかったのかもしれない。

評としては実録という名のとうり、最初の30分くらいは当時の社会的、政治的時代背景の中での赤軍派の変遷を描いている。
組織の構図が時代に翻弄されて、なし崩し的に崩壊していく前兆が見てとれ、浅間山荘事件にいたるまでの状況にかんしてほぼ無知な私にとっては非常に簡潔で分かりやすかったと思う。誰に対しても分かりやすいように、問題提起を全世代に広めることに成功している。

劇中で20代そこそこの若者たちが本気で世界を変えようと
本気でいき巻いている姿は現代の無気力な若者とのあまりのギャップに愕然とさせられる。

しかし次第に内部には疑心暗鬼になっていくメンバー、精神性を統御できなくなった若者は「総括」という名のリンチに走るようになる。
ここからすべての歯車が狂いだしていた。銃による先滅戦もままならない組織の怒りの頂点の矛先はやはり人だ。

人が人に対して優劣をつけることで自分の立場やくだらない自尊心を守ろうとする。

この意識は直接現代の組織社会に還元されるだろう。

いつの時代も人間の「業」は変わらないと思った。

私財をなげうってまでの執念で作品を完成させた若松監督に惜しみない賛辞を送るべきだし、赤軍との長きにわたる関係性からも、彼だけが撮りえた映画だということもできると思う。
85/100
スポンサーサイト
【2009/06/07 06:32】 | 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 written by knr
これほどまでに期待を膨らました映画があっただろうか
少々大袈裟だけれど、制作が決定した時の印象は、その言葉の通りでした

「光の雨」「突入せよ!あさま山荘事件」など、連合赤軍モノは過去あったけど
今作こそ筋金入りだ だって、あの若松だぜ!っていう感じ 本命です
若松監督は初期の作品でその時代背景を切り取ったものが多くあり、
自身もリアルにその「現象」に肩入りしていました

長谷川和彦が撮る撮る言いながら実現せず、光や突入もなんだか少し温かった
さて、若松監督はどう描くか それだけでも興奮でした

結局、劇場に足を運ぶ時間も無く、ふと意識した時には終わっていて・・・
なんとも情けない悲しい日常を憎んだものです

と・・・ 本当はこのような大人になっていることを想像したもんです・・・

本題

では、何故、ネガティブなのか

私は学生時代、卒論で「学生運動と若者の意識」と題したものを書き上げた
ゼミはそれとは全く無関係だったが、教授に懇願して完成させた
URCの音楽やアート、そして、連合赤軍・・・ かぶれてトガっていた
若気のイタリとは、まさにこういうことを言うんだろうと今では思います
あの頃は、同世代の無気力さを馬鹿にし、過去の事象を崇拝していた
「何故、僕達は、何処へも行こうとしないのか」などと考えていた

それがどういう訳か、気付くと、そんな熱は冷め、まともになってしまっていた
かと言って無気力な人間になったのかというと、別に性格は変化していなく、
もう少し根拠を持った「熱い」人間になっていた

根拠

生き抜くため、表現するため、守るため
それらには「根拠」が必要で、歳を重ねる度に私はそのことを痛感していった

机上の空論や理論武装は最も嫌いなモノですが、根拠は必要だった

そうやってそのふわりと柔らかい熱はいつの間にか冷めていた
大人っていうやつです 悲しいかな・・・

と言うことで、本本題

この作品、非常にパワー溢れる作品でした
忠実に連合赤軍の名誉を記録し、フィクションし、凝視している
総括の毒の儀式とその滑稽さとメッセージ性
若者達は潔く、自分達の(多分最初は)淡かった指針を強くしていく
握り拳には血を 嫉妬には制裁を 警官に石を投げることしかできなかった群衆を横目に
世界革命を信じ、一種、共同体を恐怖に怯えながら自己を創り上げる
女は女に 男と男に 同姓という同等である性に優劣を付け優越する
その美学と雪山の摂氏をクローズアップしたカメラアイには力がありました

そして、そのタレント達は様々な人間的な結末を受け入れる
みっともなくズサズサと滑稽に逃げ惑いながら、
下町で性に屈服し、メロドラマを奏でながら・・・
決してドラマではなく、平凡な道(みち)
それらの散文がメディアを貫き、国民を虜にした浅間山荘へ
一番年少の戦死は、完璧な言葉をナイフにエピソードのラストを裂く

ガムシャラに自己を貫いた戦士は、確実に監督であり、
夢のような快感を、作品に丹念に擦り込む
それだけでも良いんじゃないかと私は思った
思想とか期待とかそういう表現者としての覚悟より、
人生とも言える自己の歴史を克明に正直に落とし込みたい
その欲求めいた姿勢に私は感動しました

85/100

実はこの感想の裏には、私の隠れた企みが存在し、
そこには触れていなかったのが、救いだった
では、自分ならどう表現したか
映画を見ながら、そのことしか頭にありませんでした。
【2009/06/07 03:45】 | 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 written by nak
衝撃的な映画


私が生まれたのは1976年
あさま山荘の事件をリアルタイムで見れる年代ではありませんでした

しかしながら、あさま山荘の事件はその大きさと話題性から少しくらいは
知っているつもりでした
この映画を観てまず気付くことは、いかに自分自身があさま山荘又は連合赤軍に
ついて知らなかったかという事が気付かされる

映画としてはストーリーを出来るだけ解りやすくするために時系列に纏めていたり、
新聞の記事を使っているなどしています
非常にリアリティが合って現実に起こった事件なのだと言うことを再認識させられます

しかし、なんだろうかこの非現実的な世界は

総括という意味不明な単語を使って、どんどん人が死んでいく
リーダー格の男女2人の考え方が全く理解できないまま、どんどんストーリーは進んで行く

その中で気付いた事は、極限状態であるからこそ人間の欲や強い心もあれば弱い心、
そういった物がよく表れていたと思います
結局人間は強い意思やハッキリ意見できる人に従ってしまう傾向があり、
その人が間違っていてもなかなか指摘できない弱さがあるもんです
そう、『勇気がなかったんだよ』 っという最後のセリフの通りと思います
で、強い意志やハッキリ意見できる人は、非常に欲深い
そんな感じがします


映画全体を振り返ると、今回は取り上げる事件が大きすぎたためか、ストーリーの
展開が早くてよく解らないまま進んでいく感じがしました
しかし、この映画を観た後で連合赤軍についてもう一回調べてみようかなという
思いにさせてくれます

80/100点

ノンフィクションの映画は、どれだけ現実を忠実に再現しているかと言う点が
ポイントと思います
【2009/06/07 03:45】 | 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 selected by knr
asama

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」

【スタッフ】
企画・製作・監督: 若松孝二
プロデューサー: 尾崎宗子 、大友麻子
脚本: 若松孝二、掛川正幸、大友麻子
撮影: 辻智彦、戸田義久
美術: 伊藤ゲン
音楽: ジム・オルーク

【キャスト】
ARATA、坂井真紀 、伴杏里、奥貫薫、佐野史郎、地曵豪

【作品データ】
製作年度: 2007年/製作国・地域: 日本/上映時間: 190分

【解説】
日本赤軍との関係も深い若松孝二監督が、革命を叫ぶ若者のそばから
1972年の連合赤軍・あさま山荘事件に迫る人間ドラマ。
殺害される運命の遠山美枝子を坂井真紀、中心メンバーである永田洋子を
並木愛枝、坂口弘をARATAが熱演。
狂信的な連合赤軍メンバーの革命への夢が、悪夢へと至るプロセスが
臨場感たっぷりに描かれる。
壮絶なリンチシーンは目をそらしたくなるほど衝撃的だが、
それ以上に彼らの思いが圧倒的な力強さで表現されている。

【あらすじ】
1972年2月、日本中を震撼させた『あさま山荘事件』。山荘に立てこもり、
警察との銃撃戦を繰り広げたのは、連合赤軍の兵士たちである。
ベトナム反戦や、三里塚闘争、沖縄返還闘争、日米案保反対闘争などで、
学生や農民、労働者たちが社会変革を求めて立ち上がっていた1960年代。
バリケード封鎖されていた東大安田講堂の封鎖解除後、活動家たちの逮捕が相次ぎ、
若者たちは先鋭化していく。
ブントの内部対立によって組織された赤軍派と、中国の文化大革命に同調する
神奈川の組織から分離独立した革命左派が、統一赤軍(のちの連合赤軍)を結成。
革命に全てを賭け、山へ入っていった彼らは、次第に総括、自己批判という名で、
同志たちを追い詰めていく・・・。
そして、警察の包囲網を突破すべく、厳寒の雪山を越えていく彼らの行く手には、
あの「あさま山荘」があった。
【2009/05/24 15:05】 | 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。