FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 027 「おくりびと」 written by shing
映画を観るという行為はいわゆるTPOというものにかなり影響されるものであると思う。

近年、大画面の液晶TVなどもかなり普及している時代とはいえ、壮大なスケールなどのハリウッド映画などを家で観るのと映画館でみるのとはやはり次元が違うわけで、極論
を言えば、映画館で見た作品のみが評論をするに値するとも言えるかもしれない。

そんななかでもミニシアターで流すような作品はまだ劇場で観るのと、家で観るのに差異は感じない方である。
(演劇をTVでみることの違和感にくらべたら!)

さてそんな意味でこのおくりびとを観たタイミングは残念ながら最悪といえる。

「旅芸人の記録」の後に観てしまったからだ。

TAPメンバーはおおむね好評価ではあるが、もちろん日本人的な死生感や納棺師の所作の美しさ、山崎努の円熟した演技など、良質な日本映画であることが間違いない。

しかし良くも悪くもそこどまりということは否めない。
アンゲロプロスのような壮大で、精密なフラグメンツの組み合わせによる映画で構成した映画を観た後では、この作品はまっすぐ一本道が続くだけの映画だ。
それも限りなく見晴らしの良い。

映画の一部のシーンで納棺師が遅刻してくる、喪主はプロならおくれてるんじゃねえと叱責して気まずい状況のなかであったが、納棺師の真摯な仕事ぶりと所作に感動して怒ったことを詫びる。

ここが映画的な劇的演出を意識しすぎている気がする。

ちょっと遅れたくらいで怒るようなおっちゃんはそうそう
簡単に頭を下げるような輩はそう多くもないと思う。

謝るべきだったけど結局言い出せずにあと自己嫌悪に陥る位の方がよっぽど人間的に見える。

そういう演出の機微がすこしきれいにし過ぎている気がした
70/100
スポンサーサイト
【2009/09/09 21:59】 | 027 「おくりびと」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 027 「おくりびと」 written by nak
最近の日本の活躍は素晴らしくて、このおくりびとという映画も
アカデミー賞外国映画賞を受賞しています

賞を取った日本の作品というのは観ておきたいという思いから
おくりびとを選択しました
アカデミー賞をとったからといって決してハリウッド的な映画ではなくて
生粋の日本の映画という感じです
それなのに、ハリウッドで注目されたという事は非常に素晴らしい事と
思います


このおくりびとと言う映画、
全体的なトーン、雰囲気がすごく良くて
そして、生と死という壮大なテーマを描いているにも関わらず非常に
観やすく、さらに深い

今までの映画の場合、今回はハリウッドを例に挙げると人が簡単に死にすぎる
まぁ、ゲームにしても簡単に人が死んでしまうので、
生と死という本来すごく大きなテーマであるはずものが、
軽く観てしまう傾向があった

やはり、生きているものにはそれなりのドラマがあるもので、
それが死んでなくなってしまうという事の重大さ
しかし、死を避ける事ができないという事実
こういった事を深く感じさせてくれます

映画のワンシーンに、
「どうせ死ぬなら、なにもあんなに苦労しなくても。」
というセリフのシーンがありますが、
確かに死ぬ事も解っているし、苦労する必要もないという事も解っている、
でもなぜか苦労する道を歩んでいる様な気がする

もちろんその理由も解っている
おくりびとを観て発見したわけではなくて、
予め解っていた事を再認識できた気がします
そして、映画を観終わった後は、爽快感と言おうか充実感と言いう様な物が
広がっていました

80/100点
【2009/09/08 13:00】 | 027 「おくりびと」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 027 「おくりびと」 written by knr
邦画が海外で評価を受ける映画が最近増えてきました
やはりそれは嬉しいことで、多分これからもその流れは加速していくんでしょう
だって、日本人は「創る」ことが得意な人種
独自の技術はもちろんそうですが、アレンジした場合でもクオリティーが高い
メディアは最近、日本製というブランドの崩壊を伝えていたりしますが、
まぁ、そういうバイオリズムもあるんでしょうが、結局は強いはず

そこで、今作「おくりびと」なんですが、これも海外の評価が高かった作品
納棺師をテーマに、恒久的なメッセージと日本の風景が融合して
素晴らしく秀作に仕上がっていました

特に私が注目したのは、主人公、小川の表情です
喜怒哀楽をハッキリ出さない徹底的な演出や役者の演技力に好感が持てました

人の日常下でほとんどの場合、喜怒哀楽を表に出すケースは少ない
感情に起伏があったとしても、演劇や映画のようにビビッドに生きることは少ない
この小川も一緒で、たくさんのイベントがあったとしても、冷静さがどこかにあります
ただ、その微妙な起伏は、しっかりと演技されていて妙にリアルでした
もちろん、言葉や情景描写でそれを観客に想像させるシーンもあり、
小説でも音楽でもなく、非常に映画独特の表現がなされている

また、山形の自然や久石の音楽もはまりまくっていて、映画の質感を確保し、
さらに納棺する小川の手捌きがは、非常に美しく、日本の繊細さを映し出していました
鳥の羽ばたき、鮭や石文の複線、それらの扱いも良かったです

私はこの映画を観て、また色々と再確認ができました
行き着くところは皆同じであって、それが人間っていうもの
結局、守るべきものの半径は非常に短いもので、ささやかなもの
シンプルに生きることの美しさと正しさを考えることができました
これ程までに見終わった後、清々しい感動がじわっと胸に残る作品は久し振りでした

85/100

邦画らしい邦画であり、かつ、全てに優しい旋律がこの映画にはあります
素直にこの映画を好きになれた自分に少し安心しました。
【2009/09/07 00:28】 | 027 「おくりびと」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 027 「おくりびと」 selected by nak
okuribito

「おくりびと」

【スタッフ】
監督: 滝田洋二郎
原作: 青木新門
脚本: 小山薫堂
音楽: 久石譲
撮影: 浜田毅
照明: 高屋斎
録音: 尾崎聡
美術: 小川富美夫
編集: 川島章正
衣装: 北村勝彦

【キャスト】
本木雅弘、広末涼子、山崎努
吉行和子、余貴美子、杉本哲太
笹野高史、山田辰夫、峰岸徹、橘ゆかり

【作品データ】
製作年度: 2008年/製作国・地域: 日本/上映時間: 130分

【解説】
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、
仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら
成長していく姿を描いた感動作。
監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、
人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。
一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、
重くなりがちなテーマを軽快なタッチでつづる。
キャストには本木雅弘、広末涼子、山崎努ら実力派がそろい、
主演の本木がみせる見事な納棺技術に注目。

【あらすじ】
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、
故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。
面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、
業務内容は遺体を棺に収める仕事。
当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、
納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。
【2009/09/06 14:20】 | 027 「おくりびと」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。