FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 028 「旅芸人の記録」 written by shing
アンゲロプロス作品は初期、中期、現在と中途半端に作品にふれているので常々、非常に歯がゆい思いをしていた。

1wmがなければこの作品を観るのももっと先になっていたかも知れない。

アンゲロプロスの作品の変遷に関してはすべてを観ているわけではないので言及はしない。

しかし一つだけ言えることは中期の霧の中の風景や最近の作品の「永遠と一日」には明確な個の主人公(幼い姉弟、老人、少年)がいるのに対して、
旅芸人~は個としてよりは一座、集団として描かれているように思える。そしてその作品は狩人にも受け継がれている。
特筆すべきカメラアイは一座を容赦ないギリシャの社会状勢に身を置く様を淡々と捉える。

それは集団であっても非常に脆弱ではかない存在だ。


映画が常識のごとく二時間くらいの尺に収まろうとするのはいつのころからか。

かつてソクーロフは5時間からなる「精神の声」なるドキュメンタリーを撮った。

その作品は放送コードなどの範疇を完全に度外視した、アートドキュメンタリーとして成立していた。
なぜなら厳然たる事実にNGシーンなど存在しないからだ。
異常に長尺でありながらまったくシーンに無駄がないというパラドックスを完成させていたのだ。

アンゲロプロスにとっても時空を越えるまでのロードムービーとしての要素はこの尺が大きく関わってくる。

ある事象と並列して演出したり、冒頭のシーンから映画的冒険を経て最後にまた同じところに戻る様は人間の「業」
的なウロボロス的円環をなし、政治的、思想的、なところを飛び越えて宇宙的な次元にまで達している。

アンゲロプロス作品のほとんどは映画文法というものにおいて頂点に達していると思う。

98/100

ある意味でもっとも贅沢な映画製作を透徹している姿勢を
うらやましく思う。

スポンサーサイト
【2009/10/30 21:59】 | 028 「旅芸人の記録」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 028 「旅芸人の記録」 written by nak
アンゲロプロス初めて観ました

何もかもが計算し尽くされている素晴らしい映画

この映画は個人をクローズアップしている映画ではなく、旅芸人という団体を
描いている映画で、あまり世の中には出回っていないタイプの映画で
映画の世界にのめり込んでいくのが難しい
しかし、映像美と完全に計算されているカメラワーク、そして独特の迫力に
次第にのめり込んで行ってしまう

特に、凄いと思ったのは「音」
映画最初の方のいすをひく音が何となく良いなと思いながら観ていたら、
映画中盤の音だけのシーン
最高ですね

もはやあえて特記する必要もないかもしれないが、
独白のシーンとダンスホースのシーンも最高です

 85/100点

まだまだこの映画の良さに気付いていない所があると思うので、
そんな私に減点15
この映画の更なる良さに気付いてきた時に加点します
【2009/10/07 14:40】 | 028 「旅芸人の記録」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 028 「旅芸人の記録」 written by knr
私が一番尊敬できる映画監督 アンゲロプロス

この方の頭の中と情熱とイデオロギーはどうなっているのでしょう
感想を書くのも失礼な話で、論ずることの意味の無さを痛感します

時代を刻み込む太い演出
辛抱強く美しいロングショット
アンチヌーヴェルバーグ的な手法
構成の中に構成があるかのような緻密なストーリー
そして、この映画のために必要とされている役者と台詞と音楽と風景

映画っていうのは、こんなに重い芸術なのかと見せつけられます
私はいつもこの監督に様々なテーマを叩き付けられ、成長させてもらいます
胸の中に、その奥底に眠る「表現の深さの必要性」を呼び起こさせてくれます

95/100

満点を付けるのは、私が老人になってからにします
今、完全を認めてしまうと、何処にも辿り着けないので・・・
この監督が活動している時代に生きていることの幸せを感じるくらいの大作ですが、
この映画は、1WMの中でも最もお薦め致しません
観ることに「才能」と「慣れ」が必要ですので、お薦めしません。
【2009/10/06 00:05】 | 028 「旅芸人の記録」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 028 「旅芸人の記録」 selected by knr
tabigeinin

「旅芸人の記録」

【スタッフ】
監督: テオ・アンゲロプロス
製作: ヨルゴス・パパリオス
脚本: テオ・アンゲロプロス
撮影: ヨルゴス・アルヴァニティス
音楽: ルキアノス・キライドニス

【キャスト】
エヴァ・コタマニドゥ、ペトロス・ザルカディス、ストラト・スパキス
アリキ・ヨルグリ、マリア・ヴァシリウ、ヨルゴス・クティリス
キリアトス・カトリヴァノス、グレゴリス・エヴァンゲラドス
アレコス・ブビス、ニナ・パパザフィロプル
ヤニス・フィリオス、ヴァンゲリス・カザン

【作品データ】
製作年度: 1975年/製作国・地域: ギリシャ/上映時間: 232分

【解説】
軍事政権下、ある時には作品内容を前世紀の田園劇と偽って
(ちょうどナチ占領下のフランスの「天井桟敷の人々」のように)製作された、
旅一座の家族を通じギリシア現代史をパノラミックに総括した壮大な映画の叙事詩。
一家の物語はそのままアトレウス家の古代神話をなぞり、
これを39年のメタクサス将軍の極右独裁体制の開始から、ムッソリーニの侵攻、
42年の独軍占領、44年の国民統一戦線の勝利、
戦後のゲリラ下部組織の掃討から共産派弾圧、
52年のパパゴス元帥の軍事政権の誕生までの歴史事実を生々しく介在させ、
政治の荒波に翻弄される画面外の民衆の息吹すら感じさせる偉大な作品。
ひたすら曇天下での計算され尽くした路上のシークェンス・ショットは、
古典劇の重みの中に過去の迫真の蘇りがみられ、幾度も息を呑んで見守ってしまうはず。
1975年 カンヌ国際映画祭国際批評家大賞受賞
1976年 ロンドン映画祭最優秀作品賞受賞

【あらすじ】
1952年の秋、ギリシャ南部のペロポネソス半島の北端の町エギオンに、
疲れはてた12名前後の旅芸人一座がおりたった。
町は大統領選挙を数日後にひかえており、選挙カーが慌ただしく通りすぎる。
“パパゴス元帥に投票せよ!"。
同じエギオンの町、1939年の晩秋、11人の旅芸人一座。
座長のアガメムノン (ストラトス・パキス)、母クリュタイムネストラ(アリキ・ヨルグリ)、
長女エレクトラ(エヴァ・コタマニドゥ)、次女のクリュソテミ(マリア・ヴァシリウ)と
その幼い子供の5人の一家に、先頭をゆくピュラデス(キリアコス・カトリヴァノス)、
詩人と呼ばれる青年(グリゴリス・エヴァンゲラトス)、老男優 (アレコス・ブビス)、
アコーデオン奏きの老人(ヤニス・フィリオス)、アイギストス(ヴァンゲリス・カザン)らだ。
一行のそばを通りすぎていく男が明日の午後、ドイツ第3帝国情報相ゲッベルス閣下が、
オリンポス見物の途次、エギオンを通過すると告げた。公演場所の講堂で憩う一座。
表の広場では極右ファランギの青年兵士たちが“父よ、世界はなぜかくも美しい"を歌い、
ピュラデスは“おまえはいつか悔いて戻ってくる"を歌う。
一座の出しものは「ロミオとジュリエット」風の恋愛を描く「羊飼いの少女ゴルフォ」。
エレクトラがゴルフォ役を母から受けつぎ、弟オレステス(ペトロス・ザルカディス)が
恋人タソス役を父から受けついだが、兵役にとられた彼に代ってピュラデスが
タソス役をやることになった。その夜、エレクトラは、母クリュタイムネストラと
アイギストスの密通を目撃してうちひしがれる。夜明け、思いがけずに特別休暇をとって
帰ってきたオレステスと舞台の役名で挨拶を交わす姉弟。しかし、舞台の幕があくと、
秘密警察の男たちが来て、ピュラデスが捕えられたため、公演は中断した。
1940年10月28日、一座が降りたった駅では、町の人々が行進して歌を歌い、
民家にはギリシャ国旗が翻っていた。が、まもなく空襲がはじまり、
アガメムノンは補充兵として去り、母の室にはアイギストスが入ってきた。
41年の正月頃、街なかでファランギの下士官に暴行されそうになったエレクトラが
危いところを逃げ去った。その年の4月、ギリシャ全土が独軍に占領された。
42年の初冬、英国が送りこんだ救援軍兵士とギリシャのゲリラ兵を追及する占領独軍が
旅芸人たちの宿舎を襲い、アイギストスの密告で、オレステスがゲリラに
加わっている事がわかり、代りにアガメムノンが銃殺された。
座長になったアイギストスに皆は黙ってついていくが老男優だけが出ていった。
1943年頃、独軍占領がながびく中、ある日エレクトラは、
脱獄に成功してゲリラになっていたピュラデスに再会。
彼はオレステスと合流するところだった。一座がバスで旅を続けていた時、
他の市民と一緒に独軍に捕まり全員が射殺されそうになる。
が、その時襲撃してきたゲリラ軍によって助かった。こうして、独軍の勢力は衰退し、
44年の秋独軍は徹退した。国民統一政府の成立を祝して、人民歌で行進する
国民解放戦線の長い行進が続く。
45年の正月、一座が山岳地帯での巡業に入ったある日、
エレクトラは、オレステス、ピュラデス、詩人と再会し劇場に戻った。
オレステスは、舞台上で母とアイギストスを射殺した。
その夜、母のレコードを聞いて思いにふけるエレクトラが、
仮面をつけた秘密警察の男たちに強姦された。
45年12月に結ばれたヴァルキザ協定により、ゲリラは新政府に協力することを
余儀なくされ、山にこもり続けるゲリラは重犯罪人とみなされた。
49年の春、英軍のジープが、ゲリラの首をさらして村をゆく。
そのあとにつづく捕えられた最後のゲリラたちの中にオレステスがいる。
50年、反共宣誓書にサインして釈放されたピュラデスに再会するエレクトラ。
その年の暮に再会した詩人は、なかば廃人となっていた。
51年、エレクトラは、ようやくオレステスと面会するが、
それはすでに処刑された彼の死体との面会だった。
オレステスの葬式で遺骸が土にうずめられようとする時、思わずエレクトラが拍手を送る。
そして、それに合わせて拍手に送る一座の人々。詩人は無言で空をあおいだ。
52年の晩秋の夕べ。その夜は、クリュソテミの息子(ヨルゴス・クティリス)の初舞台で、
彼はタソス役を演じる。メーキャップをなおしてやるエレクトラは思わず咳いた。
“オレステス!"。そして「羊飼いの少女ゴルフォ」の幕がやがてあいた。
【2009/10/04 12:41】 | 028 「旅芸人の記録」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。