FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 029 「奇跡の海」 written by shing
今作は私によるセレクトで、たしか10年前に一度観ていたのでした
それまで覚えていたことと言えば往年の洋楽の名曲に乗せてチャプターごとに映し出される美しいデジタル静止とブレプレの手持ちカメラの映像とエミリー・ワトソンの俵移したかのような演技なのでした
肝心のオチを忘れていて二回目をみて思い出したとき、当時、この作品をトータル的に名作の部類に入れなかったことが頷けました。
その理由であるラストシーンを相入れない人は多いと思いますが、これも監督の特権というやつですな
トリアー自体は映画の頭から尻までファンタジーとして描いていたのかもしれない・・・
じゃなければまともに映画を観進める人達からすればラストシーンのおかしさは至極当然の話です
最後に主人公がベッドの中で目をさまして夢でしたというあれです
彼の立ち上げたドグマ95という団体も商業映画のしがらみからの解放を掲げた団体なわけで、なんの躊躇もなくこういうオチをつけてしまうところにたいしてついついほくそ笑んでしまいます
これは二回観た余裕であるのかもしれないですが
TAP内で意見が割れるかもしれないがやはりヒロインの好みで言えば僕はダンサー~のビョークよりもこのエミリーのほうがすきやなぁ
まず、ビョークはトリアーの映画にでるまでにポップアイコンとしての地位を確立し過ぎていたし、個人的な嗜好としてどんなにいい音楽をしていてもファッション雑誌を飾るようなタイプは昔から無理なんですな・・・ストイックさがないというか・・・いいとか悪いとか、おもしろいとかおもしろくないとかいう次元を越えて私のなかではロベール・ブレッソンが神の領域です
映画を創ろうとする人間にとってすべては作品に向かう姿勢ではないでしょうか・・・
まぁ、本人の意志の関係ないところで時代が必要としているんでしょうが・・・
あのビョークが!女優というふれこみが大きすぎたんだなぁ、自分の中では
そういう所を受け入れない所は自分の頭の固い所です
あまり職業俳優というものに興味がないのかも
中期のソクーロフの役者起用法が一番理想ですが、
自主かインディーズのフォーマットでないとむりでしょうな
しかしそこには一期一会の輝きがあります、櫻の園のつみきみほ、1999年の夏休みの深津絵里、ロベール・ブレッソンは完全に職業俳優否定論者でした
私もその点では同調です。映画ビジネスとして成り立たせることが不可能な極論ですが、役者は後のただの広告塔込みの選定をされているはずです、少なくともメジャー映画というのは
トリアーは今までの自分のスタンスをある種裏切りました
それでもおそろしくすばらしい内容を作り上げてしまうからすごい。
ただその制作に関するしがらみの背景をどうしても最後まで切り離すことができなかったというところでしょうか
最近は映画を観れば観るほどべつに平均点の映画である必要はなくなっている自分がいます・・・
そういう作品はたいてい10年後には忘れ去られているからなぁ
記憶というのは正直ですな・・・というわけで

85/100
スポンサーサイト
【2009/11/22 02:57】 | 029 「奇跡の海」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 029 「奇跡の海」 written by nak
1WMの楽しさの一つに自分の意志で映画を選ばないので、
何の前情報もないまま映画を観る事が多々ある

今回の奇跡の海もまさにそのパターンで、映画を観てメンバーと
話をしているとこの監督はダンサーインザダークの監督という事を
知って、なるほどと感じた次第です

構成はダンサーインザダークと似ていて、主人公の女性がどんどんと
不幸になっていくが、それでもめげずにがんばる女性を描いています
主人公のエミリーワトソンの演技が素晴らしく良かったです

映画のchapterが切り替わる所で、映像を挿入して切り替える方法は
製作としては実は楽しているようにも思えるのですが、
それはそれで、こういうやり方もあるのかなと思った次第で、
きれいな映像で良かったです
ただその映像にどれだけの意味が込められているのか、よく解らな
かったのが残念です

一番残念だったのは、最後のシーンで奇跡が起きてしまった事
正直、この結末は余計で最後のシーンだけで映画のクオリティを
かなり下げていると思います
結局、監督は何を言いたかったのか解らなくなって、
そして映画は終わりました

映画を通じて、「神様はいないんだよ。だから神々しい力で
問題が解決する事もないんだよ。現実を受け入れて自分自身の
力でなんとかするしかないんだよ。誰も助けてくれないよ」
っという様な事を言いたいのかなと思っていたら、最後に奇跡が
起こってしまって、「結局、神様はいるんだ。祈っていれば
なんとかなるんだ」という様な軽~い映画になってしまいました

映像的にもずっと良かったけど、最後のシーンだけがチープな
映像となっていました
最後のシーンだけ「なんで??」って叫びたくなる映画です

50/100点

しかしながら、だいぶ昔に観たダンサーインザダークを、
だいぶ忘れているのでもう一度観てみたいなとも思った
次第です
【2009/11/22 01:58】 | 029 「奇跡の海」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 029 「奇跡の海」 written by knr
トリアー監督の作品を観たのは、今回で2作品目
1作品目は、劇場での「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
ちなみに「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は、劇場で3回観ています
ハッキリ言って、物凄く好きな映画です 珍しくDVDも購入し、
思い立てば観ている状況で、あの映画のインパクトは常にリアルタイム
語れば長くなりますが、そのくらい好きな映画なのに監督を追うことを
していなかったのでm、今回の観覧は非常に楽しみでした

ということで感想ですが、私が感じたのはその「ダンサー~」の序章的な
作品ではないのかというのが正直な思いです
「ダンサー~」は私にとって完璧な映画で100点に限りなく近い映画
多分、今まで観た映画の中で一番評価をしている映画です
なので、当然この映画もトーンは非常に好きで、荒削りな感じはするのですが、
ラストシーンの処理以外はかなり見入ってしまいました
各章の冒頭のタイトル的な映像がまたリッチで雰囲気があり、
挑戦的な構成がある革新的な映画だとも思いました

ただ、主人公やストーリー展開で唐突な部分が多く、
監督の頭の処理だけで完結しているところが多かったのが残念でした
妄想と現実が交錯する手法に少し緻密さを書いていて、
登場人物のバックボーンもあまり描かれていないことから、
観客自体に想像力が無いとストーリーについて行けない状態になる
別について行かなくても映画全体を見失うことにはならないのですが、
「ダンサー~」はそのあたりが、上手く演出されており、どっぷりと
主人公と映画の世界観に浸かることができたので、評価は低くなります

撮影、美術、音楽、演技、どれをとっても素晴らしいのですが、
やはり私が求めていたクオリティーには達していない
先にも書きましたが、そういう消化不良の中であのラストシーンだったので
全体的な印象としては、心に残る映画にまでは達しませんでした

70/100点

結局は、「ダンサー~」が良過ぎるのでどうしようもない
でも、この監督は、私の好きなツボをしっかり押さえてくれていて
個人的には、これからも期待する監督の一人ということになります
また、他の作品も観て、検証をできればと思います。
【2009/11/22 00:53】 | 029 「奇跡の海」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 029 「奇跡の海」 selected by shing
kisekinoumi

「奇跡の海」

【スタッフ】
監督: ラース・フォン・トリアー
製作: ヴィベケ・ウィンデロフ、ペーター・アールベック・ヤンセン
脚本: ラース・フォン・トリアー
撮影: ロビー・ミュラー
音楽: レイ・ウィリアムズ

【キャスト】
エミリー・ワトソン、ステラン・スカルスゲールド
カトリン・カートリッジ、ジャン・マルク・バール
ジョナサン・ハケット、エイドリアン・ローリンズ
サンドラ・ヴォー、ウド・キア、ローフ・ラガス

【作品データ】
製作年度: 1996年/製作国・地域: デンマーク/上映時間: 158分

【解説】
純真な愛に自らの全てを捧げた善良な女の生と死を描いたラヴ・ストーリー。
監督・脚本は「ヨーロッパ」「キングダム」のデンマークの映画作家ラース・フォン・トリアー。
北海油田に近いスコットランドを舞台に監督した。全編手持ちカメラによる大胆な撮影は、
ヴィム・ヴェンダース監督作品で知られる、「デッドマン」のロビー・ミュラー。
7つに分けられた各章冒頭には、プロコル・ハルム、エルトン・ジョン、
ディープ・パープル、レナード・コーエン、デイヴィッド・ボウイら、
映画の舞台となる70年代のロックが画面を彩る。
各章冒頭のタイトルにはペル・キルケビーのデザインによる、現実の風景ショットに
デジタル加工を加えた動く風景画のような象徴的なパノラマが挿入されている。
主演は本作が映画デビューとなるRSC団員のエミリー・ワトソン、
ストックホルム王立劇団メンバーである「存在の耐えられない軽さ」
「レッド・オクトーバーを追え!」のステラン・スカルスゲールド。
共演は「ネイキッド」「ビフォア・ザ・レイン」のカトリン・カートリッジ、
「ヨーロッパ」のジャン・マルク・バール、「キングダム」のウド・キアーほか。
96年カンヌ国際映画祭審査員大賞受賞。 97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第9位。

【あらすじ】
プロテスタント信仰が強い、70年代のスコットランドの村が舞台。
ベスは、油田工場で働くヤンと結婚した。
彼女は、仕事のために家に戻れない彼を愛するあまり、早く帰ってくるよう神に祈る。
するとヤンは工場で事故にあい、願い通りに早く戻ってきた。
だが回復しても寝たきりの上に、不能になっていた……。
やがてヤンは、妻を愛する気持ちから他の男と寝るよう勧め、
ベスもまた、夫を愛するがゆえに男たちを誘惑してゆく。
【2009/11/22 00:28】 | 029 「奇跡の海」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。