FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 047 「鰐」 written by nak
1WMギドク3作目にして、ギドクの処女作「鰐」を観ました

TAP内部でも話題になったのはキムギドクを3作も観ているにも
関わらず、ギドクのストライクゾーンと言える代表作を観ていない
のでは無いだろうかという事実
当初はどんな映画も手間暇をかけて製作されているので観る価値が
有るという事だったが、このギドクの映画を観て、そんな事よりも
最も良い物を厳選して観た方がさらに効率が良いという事になりました


さて、映画の感想ですが
良い所も有り、微妙やなと思う所もありと言った所です
良かった所は、川の中のシーンが全般的に良かった
ギドクらしい映像で非常に美しく神秘的でした
処女作でありながらこんな映像を作っていた事に驚きました

微妙やなと思った所は、登場人物の行動の動機がいまいち解らなかった
特に女の人について、この女性の行動や生い立ちがストーリーに
大きな影響を与えるのだが、この女性の動機の描写が甘く、なぜこの女性が
こうしたのかという様な事がほとんど解らなかった
細かい点をあげるともっといろいろ出てきますが、それをあげてもあまり
意味が無いので省きます

60/100点

いずれにせよ、キムギドクの映画は良いなと思う映画で、
この映画も処女作という事を前提として観ると次の作品に期待できる様な
良い映画だったと思います
スポンサーサイト
【2010/12/27 09:33】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「鰐」 written by knr
キム・ギドク作品は、今作で3本目
TAP諸事情により、ど真ん中の作品ではありませんが、
結局3本目ということは、団体にとってキーになる監督なんだろうと思う

映画は非常に好きな作風でした
多分、バジェットが小さく処女作としての位置付けなのですから
自主映画的な感覚で制作しているのだと思います
逆にその分、監督の指針の根っこの部分が理解できた

人間の性というべきなんでしょうか、その誤魔化しのないストーリー
若干、全ての演出やクオリティーの低さが気にはなりましたが、
作品全体のトーンやハッとさせる印象的なシーンがあり、
誰が見てもこの監督の原石の高さを感じることができると思います
特にラストシーンと音楽が素晴らしく、映画としてしっかり成立していました

75/100

こういうピュアで重い作品は本当に好きですし、
今度こそはこの監督の成熟した作品を観てみたいと強く思えました
また、自分達でもこのくらいのバジェットならなんとかなるかもしれない
とか勝手に考えてしまい・・・ちょっとモチベーションが上がります。
【2010/12/27 08:58】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「鰐」 selected by nak
kimu_wani

「鰐」

【スタッフ】
監督: キム・ギドク
脚本: キム・ギドク
撮影: イ・ドンサム
照明: キム・ソング
編集: パク・コクチ
音楽: イ・ムニ

【キャスト】
チョ・ジェヒョン、ウ・ユンギョン
チョン・ムソン、アン・ジェフン

【作品データ】
製作年度: 1996年/製作国・地域: 韓国/上映時間: 102分

【解説】
「魚と寝る女」のキム・ギドク監督のデビュー作で、
その過激な描写が本国で賛否両論を巻き起こした問題作。
2006年秋に日本公開されるはずだったのが、製作会社のトラブル等で
フィルムの入手が困難を極め、公開すら危ぶまれていた。

【あらすじ】
「鰐」と呼ばれる浮浪者ヨンペ(チョ・ジェヒョン)は、
漢江に架かる橋の下に住み、川に投身自殺した人間が息絶えてから死体を
引き揚げて、金品をかすめ取る卑劣で粗暴な男だ。
ある日、川に身を投げたヒョンジョン(ウ・ユンギョン)を助けたヨンペは、
彼女をレイプし、自分の慰みものにする。同じ橋の下で暮らす老人と孤児の少年は、
そんなヨンペから彼女を守ろうとし、ヨンペもいつしか彼女に
人間的な愛情を感じはじめるのだが……。
【2010/12/27 08:07】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。