FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 039 「グラン・トリノ」 written by knr
クリント・イーストウッドの作品は2本目
この作品もとある映画監督から薦められていたので絶好の機会です
前回観覧した「硫黄島からの手紙」の重圧感はまだ覚えていて、
かなり期待を込めてBlu-rayをレンタルしました

脱線しますが、やはりBlu-rayは美しい
最近、PS3を購入したのですが、その甲斐があったというものです
いわゆる3Dテレビとの「繋ぎ」的な感覚で購入に踏み切った訳ですが、
もちろんBlu-rayを見てみたいという興味は深かった
液晶テレビ自体は、720だし、HDMI接続ではなく、コンポーネントですが、
それでも圧倒的な映像美で、製作者の意図、特に照明や美術の方々の拘りを
自宅で体感できるというのはかなり価値のあることだろうと思います
ついでに「アバター」も借りたのですが、それこそ3D立体映像なんかより、
遙かに高精細な映像美で、劇場で観るより、数段その価値を体感できました
なのでちょっとBlu-ray集めてみたいなとか考えたり・・・

で、話を戻すと、映像美もさることながら本作、またもや映画らしい映画でした
なにせ一番光っていたのが、イーストウッドの役者としての「味」です
監督兼主人公を演じているわけですが、まさにはまり役
要約するに戦争を体験し、世間を見下しながら生きている頑固親父的な役なのですが、
異文化や民族と触れ合うことによって、その風習に共鳴し、心を開いていく
その「開く」過程が素晴らしく素直で自然なんです
セリフやしぐさの一つをとってもこれは演技なのかどうなのか・・・
洗練されているからこそできる演技なのかもしれませんが、
どちらにせよ、かなり主人公の本質的な個性を演出ではなく演技だけで表現していました
まぁ、演出している人間が演技をしているのですからそのあたりの論理的な根拠は
集約されていたとしても、ここまで自然に感情移入できるのは「はまっている」からです
また、それは他のキャストにでも言えることで、重要な役者は、無名の人ばかり
映像の特典でそのあたりの経緯がありましたが、監督は役者に自然体を求めたようです

ストーリーは、さほど革新的な内容ではないのですが、
ラストシーンまで向かう構成が冒頭でも述べましたが非常に映画的でした
起承転結がしっかりあって、展開に無理がなく、かといってドキドキもさせてくれます

75/100

イーストウッド監督は、本当に映画を愛しているんだと思います
その情熱があってこそ、あの年齢でもこのクオリティーを保てる
そして、映画って本来こういうものだろといつも教えてくれます。
スポンサーサイト
【2010/05/29 03:34】 | 039 「グラン・トリノ」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 039 「グラン・トリノ」 selected by shing
Gran_Torino

「グラン・トリノ」

【スタッフ】
監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド
原案: デヴィッド・ジョハンソン
脚本: ニック・シェンク
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
音楽: カイル・イーストウッド
衣装: デボラ・ホッパー
編集: ジョエル・コックス

【キャスト】
クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン
アーニー・ハー、クリストファー・カリー
コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー
ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ

【作品データ】
製作年度: 2008年/製作国・地域: アメリカ/上映時間: 117分

【解説】
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりに主演も兼ねたイーストウッド監督作。
朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきた
アジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤する姿を描く。
アメリカに暮らす少数民族を温かな眼差しで見つめた物語が胸を打つ。
西部劇や刑事ドラマで築き上げた、“男イーストウッド”のヒロイズムが詰まった人間ドラマ。
主人公と友情を育む少年タオ役のビー・バン、彼の姉役のアーニー・ハーなど
ほとんど無名の役者を起用しているにも関わらず、どんな端役までも
行き届いたきめ細かな演出がイーストウッドの真骨頂。

【あらすじ】
朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、
妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに
懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。
そんな時、近所のアジア系移民のギャングがウォルトの隣に住むおとなしい
少年タオにウォルトの所有する1972年製グラン・トリノを盗ませようとする。
タオに銃を向けるウォルトだが、この出会いがこの二人のこれからの人生を変えていく…。
【2010/05/23 16:39】 | 039 「グラン・トリノ」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 038 「転々」 written by nak
観終わったあと、ほっこりとあったかい気持ちになる映画。
ストーリーは、借金取りとお金を借りている人がひょんな事から
一緒に散歩をする事になり、その散歩中にいろいろな事件が起こるという
ストーリーで、その事件を通じてお互いの距離が近づいてくるというような
どちらかというとありきたりな映画ではなかっただろうか。

登場人物が魅力的で、映画の世界の中で自分の魅力を最大限に発揮し、
そして自分自身の役目をしっかりと果たしている様に見えました。
ストーリーに直接関係のない個性的な人が登場し、その人達が繰り広げる
小ネタ的なものが笑えます。
これが三木監督の世界なのかなと思うのですが、
おそらく、三木監督が好きな人にとっては大満足な作品に仕上がっている
のではないでしょうか。


残念ながら、私は三木監督の作品を知らなくて、面白さを十分に理解
する事が出来なかったのですが、映画という視点から見た時に、
ストーリーに直接関係ない人物が登場したり、過去の三木監督作品を
知らないと十分に楽しむ事が出来ないという作り方は、映画としては
疑問を感じます。

50/100点

ストーリーに関係のない登場人物に笑わせてもらったという事実は有りますが・・・
【2010/05/17 19:27】 | 038 「転々」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 038 「転々」 written by shing
さて今作は監督の三木氏についても、本作が多方面で賞賛をよんでいたというバックグラウンドもなにもしらないままの鑑賞

ある種正直な感想になっていると思います

まず設定というか映画の流れとしてはありきたりで、よくみるパターンです
たいして面識のない赤の他人どうしが、ひょんなことから一緒に散歩するようになってしだいにお互いの心が少し通じ合うというような・・・

無意味なものを無意味に描くというサブカル映画の走りである庵野秀明の「ラブアンドポップ」からの流れを汲む脱力感がそこにはあり
ゆるーくほっこりしたいヒトにはいろんな意味でのちょうどの(ぬるま湯)温度差の映画だとおもいます

ただこの作品は数多のサブカル作品にはとどまらずに頭ひとつつきぬけていると思う点は三木氏の独特の視点の演出力にあるとおもいます

そういう意味ではピンポイントで独特の演出がなされているシークエンスだけが妙に印象に残った普通の映画でした

まあ、それでも十分発見ではあったので

70/100
【2010/05/17 18:00】 | 038 「転々」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 038 「転々」 written by knr
待望の三木作品の観覧 そして、様々な業界から本作は評価を受けている
会社の後輩もこの作品を薦めてくれたこともあって踏み切りました

三木さんと言えば、私にとってはカリスマ的な存在
というのも、生粋のシティーボーイズフェチなんです・・・
毎年公演に参加しているのはもちろん、うーん、ほんと安らげるほど好き
(当然ですが、2日後の公演も参戦してきます!)
三木さんはいわゆるシティーボーイズの全盛期の演出家で
退いて演出家が変わってからは個人的にはちょっと期待外れなことも多くなった
そういう意味では、自分にとってはとても大切な存在で
その独特の間や語り口がいつも私の頭を軟化させてくれました

で、本作ですが、やはり三木さんは素晴らしい演出家だと感じた
惚けたディティールの描写はもちろん、キャストを華麗に操り、
その全体的な空気感はまさに脱力系であり、サブカルのド真ん中
主役の二人はけっこうしっかりストーリーをなぞってくれますが、
サブキャラ的なシークエンスが絶妙で、それだけでも1作品作れるほど濃い
お話にも計画的に伏線が張られているところもあり、
さらに、三木さんファンだけがわかる「お楽しみ」も用意してくれている
私は時効警察を見ていないのでそのお楽しみも半分くらいしか
理解できていないかもしれませんが、それでもサービス感はたっぷりでした
あと、どこか三木さんの作品には大人の物悲しさが描かれていて、
同時に人間の情けなさやだらしないところがセンス良く表現されています
なんとも不思議な世界でしたし、ちょっとほろっとさせてくれたりもしました

ただ・・・
自分の今のモードというのがたまたま合ってなかったのかもしれませんが、
だからどうなの?と突っ込みを入れだすと、ちょっと物足りない感じになる
また、最近の邦画はこのようなふわっとしたジャンルの映画が多く量産されていて
その中ではかなり独特なセンスが光る作品ですが、それ以上の感慨は無かった

60/100

私が映画に求めているものの種類が違うと言ったらそれまでなんですが、
一度、三木さんの骨太の作品も見てみたい
シティーボーイズの昔の演劇では、ハッとさせられる演出が多々ありました
少しメッセージを隠そうとし過ぎていて、1作家の存在感すらぼやける感じで
雰囲気は伝わるのですが、ただそれだけで終わってしまった
でも、これが三木節なんだろうなと考えれば、それはそれでしっかり納得はできます。
【2010/05/16 23:37】 | 038 「転々」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 038 「転々」 selected by knr
tenten

「転々」

【スタッフ】
監督: 三木聡
原作: 藤田宜永
脚本: 三木聡
撮影: 谷川創平
照明: 金子康博
美術: 磯見俊裕
録音: 瀬谷満
編集: 高橋信之
音楽: 坂口修

【キャスト】
オダギリ ジョー、三浦友和
小泉今日子、吉高由里子
岩松了、ふせえり、松重豊
広田レオナ、津村鷹志
麻生久美子、笹野高史
鷲尾真知子、石原良純
風見章子、岸部一徳

【作品データ】
製作年度: 2007年/製作国・地域: 日本/上映時間: 101分

【解説】
借金を抱えた主人公が100万円の謝礼と引き換えに
借金取りの散歩に付きあうコミカルな味わいの人間ドラマ。
“脱力系”の代名詞で独自の映像世界を築いている三木聡監督が
脚本も務め、直木賞作家・藤田宜永の同名小説を映像化。
テレビドラマ「時効警察」シリーズで三木と組んだオダギリジョーが
主演するほか、散歩を提案する借金取りを三浦友和が妙演。
本筋とは無縁の小ネタ満載の三木ワールドはそのままに、
秋深まる東京の風景がドラマを切なく包みこむ。

【あらすじ】
両親に捨てられ、育ての父親は逮捕されてひとりぼっちに
なってしまった大学生の竹村文哉。
いつのまにかこしらえた84万円の借金の返済期限を前日に控えたある日、
借金取りの福原から借金をチャラにする方法を提案される。
それは吉祥寺から霞ヶ関までの散歩に付き合うということだった…。
【2010/05/16 14:38】 | 038 「転々」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 037 「バッファロー'66」 written by nak
ブラウンバニーに続いて、ギャロ2作目
ブラウンバニーに比べると観やすくて、ブラウンバニーでは最後の最後で
大どんでん返し的な種明かしがあり、それまでは我慢強く観ていないと
いけませんが、バッファローは途中のストーリーも楽しめるだけでなく、
最後にはなるほどなと思える様な綺麗な映画に仕上がっていると思います

両方の映画とも、精神的にやや問題のある主人公をギャロが演じている
のですが、精神的に病んでいるがゆえになかなかその世界を理解する事が
難しく世界観に入って行き難いところは有ります
だからこそ、最後の場面ではなるほどなと思えるシーンが有り、それが
あるから映画の世界にググッと引きつけられます

70/100点

少し古い映画ですが、今観ても面白かったです
限られた人間だけの限られた世界観の映画であるがゆえに、そのストーリーは
綿密に考えられ、主人公がなぜこのような行動をとってしまっているのかという
動機付けなど深く考えられていると感じました

ギャロの才能光るカメラアングルやカット良かったです
【2010/05/08 22:54】 | 037 「バッファロー'66」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 037 「バッファロー'66」 written by knr
ギャロ、再び。ブラウン・バニーの衝撃に続き、遂に本丸という感じです。
トレインスポッティングの時にも書きましたが、この作品が流行っていた頃、
どうも私はトンガっていて、この作品も見る気になれなかったのを覚えています
正直、この機会がなければ一生見なかったのだと思います
なので非常に助かったというか・・・

で、本作ですが、ブラウン・バニーと比べてしまうと、ちょっとファニーな作品
もちろん、ギャロ独特の言い回しや雰囲気はあるのですが、私が当時思っていた
なんとなくオシャレにコンパクトにまとめた作品というイメージには近かった
ただ、やはり、重さや深さはしっかりあって、芯の細い映画ではなかった

登場人物も非常に少なく、キャストもかなりはまっていて、
私はあまり知らないのですが脇役がかなり有名な方っぽい
それらをひっくるめて、非常にコクのある作品でした

ギャロの作品はブラウン・バニーもそうでしたが、言わば塞ぎ込んでいる男が
その自分の中でのブラックな過去を引きずりながら生きている
そして、男がいったい何を考えて行動しているのかが第三者にはわかりにくい
結局、ラストにはその種(タネ)があったり、しっかり結論を見出してくれるので
ちゃんとスッキリ感はあり、映画として成立しています
どちらにせよ、製作された時代を考えればかなり斬新な作品だったでしょうし、
この作品があったからこそこのような手法もスタンダード化したんだと思います
なので、逆に言えば、現在の位置でこの作品を見れば、衝撃は少なく、
ただ単純にファニーな映画という感想になってしまう・・・

70/100

時折入るハッとさせる編集やカットやアングルは非常に素晴らしく
悪い言い方かもしれませんが、極上のセンスを持った自主映画
そもそも、ギャロ自体の演技が全ての評価に繋がる作品なのではないでしょうか
全て自分でコントロールし、予測不可能な完成度を手に入れるギャロの才能には
いささか嫉妬を覚えたのは事実です
そして良い意味で、もっと色々な手法を試した作品も見てみたいと思いました。
【2010/05/04 00:11】 | 037 「バッファロー'66」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 037 「バッファロー'66」 selected by nak
baf

「バッファロー'66」

【スタッフ】
監督: ヴィンセント・ギャロ
原案: ヴィンセント・ギャロ
脚本: ヴィンセント・ギャロ、アリソン・バグナル
撮影: ランス・アコード
美術: ギデオン・ポンテ
音楽: ヴィンセント・ギャロ
編集: カーティス・クレイトン

【キャスト】
ヴィンセント・ギャロ、クリスティーナ・リッチ
アンジェリカ・ヒューストン、ベン・ギャザラ、ケヴィン・コーリガン

【作品データ】
製作年度: 1998年/製作国・地域: アメリカ/上映時間: 113分

【解説】
ギャロが監督・脚本・音楽・主演の4役をこなしたオフビートな人間ドラマ。
独特のカット割りや色彩感覚にセンスが光る本作は、ミニシアターで公開され、
その斬新な感覚が若者に圧倒的な支持を得た。
99年度単館系作品の興行成績第2位、7ヵ月に及ぶロングランを記録した話題作。

【あらすじ】
刑務所を出所したビリーは親に「妻を連れて帰る」と嘘をついたため、
偶然出くわした少女レイラを拉致した。両親の前で妻の演技をするよう脅迫して、
家に連れて帰るのが…。
【2010/05/03 23:49】 | 037 「バッファロー'66」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 036 「ドッグヴィル」 written by nak
1WMでのラース・フォン・トリアー監督の映画は、奇跡の海に続いて2作目。
私はこのドッグヴィルという映画ですっかりトリアーファンになって
しまいました。


一言でいうと良かった。

人間の弱さや欲と言った、人間のマイナスな部分をこれでもかというくらいに
えぐりだす。このえぐり方が強烈で1週間以上経った今でも鮮明に覚えています。
やはり、人間というのは「誰かの為」や「愛」という様なきれいな言葉を使って
善人の様に振る舞っている様に見えても、結局はその様な行動の向こう側にある
見返りや欲の為に行動しているだけではないだろうかと考えさせられます。

もちろん、育った環境の価値観などの影響が大きいと思われ、育った環境に
よっては上記の様な事はあまり無いのかもしれないです。
しかし、所詮人間。いくら理性があったとしても本質的には欲の奴隷となって
行動してしまう物です。
育った環境がこの映画の村人の様に、閉鎖的な環境で長い時間を過ごして
しまった人は特にそうかもしれなく、理性云々の前にもはや何が正しいかさえ
判断できない様になってしまうのだろうか・・・。

一つ思うのは、ニコールキッドマンがこの村にこなかったら、
いろいろな事を知る事も無く、人間的なレベルは低いかもしれないが、
それはそれで幸せに暮らせたのではないだろうかと思います。

映画は、3時間あり長い様に思われますが、ストーリーに吸い込まれて
ハラハラドキドキしながら3時間はあっという間に経ちます。
映画を観るとすぐに解るのですが、非常に簡略化された最高に斬新なセットです。
たまたま思いついたアイデアなのか、予算が無かっただけなのか、
またはそのどちらもなのか詳しくは解らないですが、簡略化されたセットで
ちょっとやってみようという程度ではなくて、ちゃんと映画として
成立している所がトリアー監督の素晴らしい所です。


非常に良かったという点ばかり書きましたが、実は1点だけ
あと一歩の点があります。
私自身は良かったと思っていたのですが、映画を見終わった後のTAP会議で
knr氏の指摘するラストシーンが消化不良という内容は、確かにその通りと共感でき
その1点だけがあと一歩かなと思った点です。

85/100

トリアー監督は賛否両論になる事があり、その好き嫌いが分かれますが、
この映画は一見の価値あり、お勧めできる映画です。

映画のラストシーンの直前でDVDに傷があり再生出来なくなるトラブル発生。
ツタヤのレンタルあかんなと思った次第です。
しかし、店員の対応が良かったので今回は許す。
【2010/05/01 00:26】 | 036 「ドッグヴィル」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。