FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 048 「ベルリン・天使の詩」 written by nak
今回から1WMでちゃんと良い映画を観ていこうということで、
その第一作目の作品がことベルリン天使の詩となりました。

感想は、
映画を見始めた一番最初のところから、おぉっという映像美で、
その美しさが最後まで継続していたのが素晴らしかった。


前半のストーリーは市民たちのつぶやきを聞いているような感じですが、
そのつぶやきにストーリーがありそうで無いような、無いようで有りそうな
感じがしていて、さらにそれが詩的な感じがしていたので、映画というよりも
アートなのかなと思い始めていました
しかし、後半にかけてコロンボの人とサーカスの女の人とのストーリーが
異様に広がってきて、ここまで来て天使が過去から今にかけてどういう風に
生活してきたか見え隠れし、結局いろいろな事が相対的に表現されていたと
言う点がなかなか良かった

残念と思った点は、ベルリンの壁がある時代の映画でドイツの映画なので
西と東の問題がつぶやきの中でも表現されていたと思います
しかし、その時代背景が映画からは感じ難く、メッセージ性もあまり感じなかった
ドイツなどヨーロッパの人がこの映画を観ると感動すると思いますが、
その時代背景に詳しくない人が観るとその感動は半減すると思いますし、
将来においてその時代背景を伝える事は難しいと思います
あと、前半のつぶやき部分は長く感じました

70/100点

映画のストーリー全体を通してみると、非の打ち所は有るのは有るのですが、
それよりも映画のテーマであったり、詩的なつぶやきで表現するとという手法が
良かった
スポンサーサイト
【2010/12/28 14:32】 | 048 「ベルリン・天使の詩」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 048 「ベルリン・天使の詩」 written by knr
ヴェンダースの映画を良く考えたらまともに観たことがなかったので
今回は非常に良い機会になった
当初は、パリ・テキサスを取り上げる予定だったが、
レンタル屋に本作しか無かった

ストーリーはさておき、全体として非常にトーンが落ち着いていて
静かな映画で尺も長かったため、少々前半部分がかったるく感じた
逆にその部分の街の「囁き」が良いという人もいるかとは思うが、
後半からの天使とサーカスの女性のストーリーが良くなっていきそうだったので
私はその部分をもっとフィーチャーしてほしかった

というのも、ベルリン破滅的な状況(劇中ではあまりそのようなシーンは無いが)を
描くにあたって街の人の呟きを利用した相対的なメッセージが多く、
登場人物に感情移入できなかったというのがその理由になる
詩などの散文的な表現は好きなんですが、
あまりに煩雑で相対的なメッセージだったので、
最終的に伝わる強いコンセプトが少々曖昧に感じられた

天使がいるという設定
情景描写や街の呟きでメッセージの訴求
終盤にかけてのストーリー性

など、良い部分はたくさんあるのですが、もっとストレートに
登場人物を絞って、その背景や時代を表現してほしかったのです
そういう意味ではポンヌフの恋人がまとまっています
恋人通し2人の壮絶な恋愛の裏で見える時代性
このような作りのほうが個人的には好みです

70/100

前半部分のボリュームを絞り、ストーリー性を充実させ、
もっと「個」から発せられる言葉や
描写で強いメッセージを伝えてほしかった
ただ、映像・トーン・恒久的な言葉など、映画全体としては非常に重厚でした
今度は是非、パリ・テキサスを観てみたいです。
【2010/12/28 13:07】 | 048 「ベルリン・天使の詩」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「ベルリン・天使の詩」 selected by shing
berlin

「ベルリン・天使の詩」

【スタッフ】
監督: ラジョス・コヴァーチ
製作総指揮: イングリート・ヴィンディッシュ
製作: ヴィム・ヴェンダース、アナトール・ドーマン
脚本: ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ
撮影: アンリ・アルカン
編集: ペーター・プルツィゴッダ
音楽: ユルゲン・クニーパー

【キャスト】
ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタン
オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、
ピーター・フォーク、ラジョス・コヴァーチ

【作品データ】
製作年度: 1987年/製作国・地域: 西ドイツ=フランス/上映時間: 128分

【解説】
1984年に公開した『パリ、テキサス』でカンヌ国際映画祭でグランプリを
受賞したヴィム・ヴェンダースが10年ぶりに母国に戻り作った作品。
天使から見た人間世界を描写したモノクロの画面と、
人間が見ているカラーの世界の巧みな使い分けにより、物語が際立って見える。
アメリカ人俳優のピーター・フォークの茶目っ気たっぷりの演技が、
重厚な作品の中にアクセントを添えている。
ライブハウスのシーンにニック・ケイヴ&バッド・シーズが
出演しているのも見どころの一つ。
「全てのかつての天使、特に安二郎、フランソワ、アンドレイに捧ぐ」
というクレジットで締め括られる。
1987年カンヌ映画祭監督賞受賞作品。

【あらすじ】
東西統一前のドイツ。天使ダミエルはベルリンの人々を見守り、
人々の内心の声に耳を傾けていた。人々には天使の姿は見えない。
天使の目に映る光景はすべてモノトーンの世界だったが、
サーカスで空中ブランコに乗っている女性マリオンに恋をした時、
ダミエルは鮮やかな色彩を感じる。
そんな中、ダミエルは撮影でベルリンを訪れていた俳優、
ピーター・フォークに出会う。
彼は見えないはずのダミエルに、ウインクを投げかけてきた…。
【2010/12/28 11:25】 | 048 「ベルリン・天使の詩」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「鰐」 written by nak
1WMギドク3作目にして、ギドクの処女作「鰐」を観ました

TAP内部でも話題になったのはキムギドクを3作も観ているにも
関わらず、ギドクのストライクゾーンと言える代表作を観ていない
のでは無いだろうかという事実
当初はどんな映画も手間暇をかけて製作されているので観る価値が
有るという事だったが、このギドクの映画を観て、そんな事よりも
最も良い物を厳選して観た方がさらに効率が良いという事になりました


さて、映画の感想ですが
良い所も有り、微妙やなと思う所もありと言った所です
良かった所は、川の中のシーンが全般的に良かった
ギドクらしい映像で非常に美しく神秘的でした
処女作でありながらこんな映像を作っていた事に驚きました

微妙やなと思った所は、登場人物の行動の動機がいまいち解らなかった
特に女の人について、この女性の行動や生い立ちがストーリーに
大きな影響を与えるのだが、この女性の動機の描写が甘く、なぜこの女性が
こうしたのかという様な事がほとんど解らなかった
細かい点をあげるともっといろいろ出てきますが、それをあげてもあまり
意味が無いので省きます

60/100点

いずれにせよ、キムギドクの映画は良いなと思う映画で、
この映画も処女作という事を前提として観ると次の作品に期待できる様な
良い映画だったと思います
【2010/12/27 09:33】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「鰐」 written by knr
キム・ギドク作品は、今作で3本目
TAP諸事情により、ど真ん中の作品ではありませんが、
結局3本目ということは、団体にとってキーになる監督なんだろうと思う

映画は非常に好きな作風でした
多分、バジェットが小さく処女作としての位置付けなのですから
自主映画的な感覚で制作しているのだと思います
逆にその分、監督の指針の根っこの部分が理解できた

人間の性というべきなんでしょうか、その誤魔化しのないストーリー
若干、全ての演出やクオリティーの低さが気にはなりましたが、
作品全体のトーンやハッとさせる印象的なシーンがあり、
誰が見てもこの監督の原石の高さを感じることができると思います
特にラストシーンと音楽が素晴らしく、映画としてしっかり成立していました

75/100

こういうピュアで重い作品は本当に好きですし、
今度こそはこの監督の成熟した作品を観てみたいと強く思えました
また、自分達でもこのくらいのバジェットならなんとかなるかもしれない
とか勝手に考えてしまい・・・ちょっとモチベーションが上がります。
【2010/12/27 08:58】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 047 「鰐」 selected by nak
kimu_wani

「鰐」

【スタッフ】
監督: キム・ギドク
脚本: キム・ギドク
撮影: イ・ドンサム
照明: キム・ソング
編集: パク・コクチ
音楽: イ・ムニ

【キャスト】
チョ・ジェヒョン、ウ・ユンギョン
チョン・ムソン、アン・ジェフン

【作品データ】
製作年度: 1996年/製作国・地域: 韓国/上映時間: 102分

【解説】
「魚と寝る女」のキム・ギドク監督のデビュー作で、
その過激な描写が本国で賛否両論を巻き起こした問題作。
2006年秋に日本公開されるはずだったのが、製作会社のトラブル等で
フィルムの入手が困難を極め、公開すら危ぶまれていた。

【あらすじ】
「鰐」と呼ばれる浮浪者ヨンペ(チョ・ジェヒョン)は、
漢江に架かる橋の下に住み、川に投身自殺した人間が息絶えてから死体を
引き揚げて、金品をかすめ取る卑劣で粗暴な男だ。
ある日、川に身を投げたヒョンジョン(ウ・ユンギョン)を助けたヨンペは、
彼女をレイプし、自分の慰みものにする。同じ橋の下で暮らす老人と孤児の少年は、
そんなヨンペから彼女を守ろうとし、ヨンペもいつしか彼女に
人間的な愛情を感じはじめるのだが……。
【2010/12/27 08:07】 | 047 「鰐」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 046 「ノルウェイの森」 written by nak
ノルウェイの森についていちいち説明する必要は無いと思うが、
1000万部以上の発行部数で、全世界で読まれている村上春樹の
大ベストセラー小説です

映画が上映される2ヶ月程度前に小説を読んだのですが、
話題となっている小説だけあってさすがに面白い
と、同時に映画かは難しいだろうという事が直感的に分かりました
これだけの超大作を2時間程度の映像に押さえる事が出来るのだろうか、
文字だから出来る細かい表現やアート的な部分を表現できるのだろうか、
そういった疑問を抱きながら映画館に足を運びました

で、1WMとしては珍しく映画館での映画鑑賞となったわけですが、
映画を観て感じた事は、色・光の当て方やインサートの映像的な部分は
良かった。青いパパイヤの香りのトランアンユン監督だから出来る
映像美がそこには広がっていた
おそらく、日本の監督などではノルウェイの森の世界観をこのような
映像美で表現する事は出来なかっただろう

しかし、ストーリーはどうだろうか
やはりこれだけの超大作を2時間30分程度の枠に収める事は難しかった
実際私の場合は小説を読んで直ぐという状況だったので、そのストーリーを
理解する事は容易でしたが、小説を読んでいない人がこの映画を観たとき
おそらくほとんど理解できないのではないだろうか
それくらいストーリーの展開が早かったです
それ故に、一つ一つのシーンの持っている意味が薄くなっているような感じが
しました
青いパパイヤの香りでは、一つ一つのシーンの間や映像が綿密に計算され
ゆっくりとした感じだが長過ぎないという間の取り方で、ちゃんとた意味が
有るものと感じていました
それが、今回は小説を忠実に再現するという事もあったのか、小説の浅~い部分を
さらっと流したかのような映画に感じました
さらっと流したにしては、小説の中では非常に重要なイベントが省かれていたり
それほど重要でない(私の中では)イベントが描かれていたりして
はたして監督はこの小説を深く理解しているのだろうかと疑問を抱く所も
いくつかありました

例えば、この映像が10分くらいでノルウェイの森の小説を紹介する
イメージ映像です という位置付けなら有りだったと思います
しかし、映画としてみると小説の持っている良い部分
(普遍的なテーマ 人間の生と死、男女の性や欲)
の表現がいまいちで、結局何が言いたかったのだろうと思ってしまいます

30/100点

もし小説と比べると、小説の良い所があまり表現されていなかったと思うので、
さらに酷評となってしまいますが、基本的には映画としての評価となりますので、
表現できていなかったとしても単純に原作が良いという点は加点として考え、
映像の美しさと松山けんいちと緑役の子の演技がなかなか良かったという所を
考慮してこれくらいの点数かなと思います
【2010/12/26 10:28】 | 046 「ノルウェイの森」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 046 「ノルウェイの森」 written by knr
今年はこの作品を観覧するために生きていた
と言えば大袈裟ですが、それほど期待していた映画
学生時代、原作を読み、多大な影響を受け、
言わば自分の青春の塊は村上春樹だった

小説は結局、村上春樹以外読んでいない
他の小説も様々推薦されたが、引き込まれるものは無かった
これほど自分の波長と同期する創造物には出逢えなかった

独特の比喩表現、緻密で綿密な構成、時代の切り取り方
そして、物語全てを覆うその繊細で美しいリズム
何をとっても、私には必要なフィクションだった

ノルウェイの森の最後のページに感じたあの心の震えは
今でもハッキリ手に取るように感覚が残っている
なんというか五感全てが膠着し、緊張し、1になる感動

ということで、それらの思い出のエピソードを語り出すと
キリが無いのでこのへんにしておきますが、そういう貴重な原作

そして、映画の感想ですが、何も書く気も起りません
この映画は、ほぼ私のとって「ゼロ」の作品でした
ここまで思い入れが激しいので、どうしようもなく
稀な感想にはなるかもしれませんが、村上春樹ファンで
この作品に納得できる人は「ゼロ」だと思います

監督は、「青いパパイヤの香り」で衝撃を受けたトライ・アン・ユン
音楽は、ビートルズ とくれば期待は最高潮に達するはずでしたが・・・
小説の世界の解釈が乱暴で、表現はさらに稚拙
その微妙で繊細なトーンを何も表現していない演出に目を疑いました
また、役者の選定、特に直子は、イメージの崩壊に繋がっていた

3つの大きなポイントが完全に抜け落ちていた

・直子の死のシーンの繊細さ(過剰な演出をしてしまっていた)
・緑の物干し竿でのシーンの欠如
・ラストシーンの稚拙さ

また、この映画は、R12です
何故、こんなセーフティーな表現に留まったのか
商業映画として整理し、まとめる必要があるのであれば、
手をつけてはいけない
それは、監督もプロデューサーも役者も途中で気付いていたと思います
はじめから手をつけるべきでは無かったのだと思います
今の映画界のビジネスの仕組みの中にこの映画を嵌め込むには、
大きな覚悟と責任感が必要だった筈です
あまりに失望して詳細は書きませんが、やはりゼロです

敢えて良かった部分を書くと、それは音楽です
ワタナベが喪失したシーンでのCANの楽曲の採用
そして、その他の映画音楽
この部分は、プロ意識が高いクオリティーで
小説には無い独自の解釈が私には響きました

5/100

この映画は、単なるリハーサルです
逆に個人的には未来の希望が残りました
この意識と仕組みで作り上げる作品では無い
そのことが理解できただけでも良かったのかもしれません。
【2010/12/26 08:50】 | 046 「ノルウェイの森」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 046 「ノルウェイの森」 selected by knr
noruuxei

「ノルウェイの森」

【スタッフ】
監督: トラン・アン・ユン
製作: 寺嶋博礼
プロデューサー: 小川真司
原作: 村上春樹
脚本: トラン・アン・ユン
撮影: リー・ピンビン
美術: イェンケ・リュゲルヌ、安宅紀史
照明: 中村裕樹
録音: 浦田和治
編集: マリオ・バティスティル
音楽: ジョニー・グリーンウッド
主題歌: ザ・ビートルズ

【キャスト】
松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子
高良健吾、霧島れいか
初音映莉子、玉山鉄二、柄本時生
糸井重里、細野晴臣、高橋幸宏

【作品データ】
製作年度: 2010年/製作国・地域: 日本/上映時間: 133分

【解説】
1987年に刊行され、2010年10月の時点で発行部数1044万部を記録している
村上春樹の大ベストセラー小説「ノルウェイの森」。
この作品をベトナム系フランス人監督のトラン・アン・ユン監督が
松山ケンイチ、菊地凛子を主演に迎えて制作。
トラン・アン・ユン監督は、1960年代の日本を舞台に、
時代の匂いを色濃く映し出しながらも、いつの時代も変わらない自然の姿や、
人間の感情というものを鮮明に描き出している。村上春樹の小説の
大きな特徴である、海外文学のような会話のやりとりも、小説のままに再現。
第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門 ノミネート
第7回ドバイ国際映画祭 最優秀作曲賞 受賞

【あらすじ】
親友・キズキを自殺で失ったワタナべは、東京で大学生活を送り始める。
ある日、ワタナベは偶然にキズキの恋人だった直子と出会い、毎週直子と
東京の街を散歩するようになる。しかし、直子の20歳の誕生日、
精神的に不安定になった直子と夜を共にする。
それ以来、ワタナベは直子と連絡がとれなくなってしまう。
さらに喪失感が深まり心を病んだ直子は、京都の療養施設に入所していたのだ。
直子に会いたくても会えない状況の中で、ワタナベは大学で出会った
不思議な魅力を持つ女の子・緑にも惹かれていく……。
【2010/12/26 07:46】 | 046 「ノルウェイの森」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1WM 045 「恋する惑星」 written by nak
ウォンカーウェイ監督の映画はマイブルーベリーナイツに次ぐ2作目となる

まず、感じた事はストーリー云々よりも映画全体の雰囲気と言うか
映像的な部分であったり、スピード感という部分にグッと来ました
犯人を追いかける所であったり、金髪のおねーちゃんが逃げている所であったり、
CDが回っている所、足をマッサージしている所とか
あと、ママス&パパスのCalifornia Dreamin'という曲が好きなので、
普通の映画ではあり得ない大音量でこの曲が流れていた所が良かった


マイブルーベリーナイツの時もそうでしたが、ウォンカーウェイ監督の映画は
ストーリー云々よりも、映像や音楽の様な右脳に響くような事が
素晴らしく良くて、エンターテイメントな映画の中でもおしゃれに仕上がっている
と思います。

ストーリーとしては、特記するほど素晴らしいと思う部分はなく、
エンターテイメント映画なので、メッセージ性も特にないです。
ただ、2つの作品から構成されている映画ですが、2つの作品が実は
時間も場所も類似しているという事が解る所が発見できたのが面白かった

70/100点
【2010/12/06 16:22】 | 045 「恋する惑星」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。