FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 written by nak
衝撃的な映画


私が生まれたのは1976年
あさま山荘の事件をリアルタイムで見れる年代ではありませんでした

しかしながら、あさま山荘の事件はその大きさと話題性から少しくらいは
知っているつもりでした
この映画を観てまず気付くことは、いかに自分自身があさま山荘又は連合赤軍に
ついて知らなかったかという事が気付かされる

映画としてはストーリーを出来るだけ解りやすくするために時系列に纏めていたり、
新聞の記事を使っているなどしています
非常にリアリティが合って現実に起こった事件なのだと言うことを再認識させられます

しかし、なんだろうかこの非現実的な世界は

総括という意味不明な単語を使って、どんどん人が死んでいく
リーダー格の男女2人の考え方が全く理解できないまま、どんどんストーリーは進んで行く

その中で気付いた事は、極限状態であるからこそ人間の欲や強い心もあれば弱い心、
そういった物がよく表れていたと思います
結局人間は強い意思やハッキリ意見できる人に従ってしまう傾向があり、
その人が間違っていてもなかなか指摘できない弱さがあるもんです
そう、『勇気がなかったんだよ』 っという最後のセリフの通りと思います
で、強い意志やハッキリ意見できる人は、非常に欲深い
そんな感じがします


映画全体を振り返ると、今回は取り上げる事件が大きすぎたためか、ストーリーの
展開が早くてよく解らないまま進んでいく感じがしました
しかし、この映画を観た後で連合赤軍についてもう一回調べてみようかなという
思いにさせてくれます

80/100点

ノンフィクションの映画は、どれだけ現実を忠実に再現しているかと言う点が
ポイントと思います
【2009/06/07 03:45】 | 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 written by knr | ホーム | 1WM 022 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 selected by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/103-59c00de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。