FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 027 「おくりびと」 written by nak
最近の日本の活躍は素晴らしくて、このおくりびとという映画も
アカデミー賞外国映画賞を受賞しています

賞を取った日本の作品というのは観ておきたいという思いから
おくりびとを選択しました
アカデミー賞をとったからといって決してハリウッド的な映画ではなくて
生粋の日本の映画という感じです
それなのに、ハリウッドで注目されたという事は非常に素晴らしい事と
思います


このおくりびとと言う映画、
全体的なトーン、雰囲気がすごく良くて
そして、生と死という壮大なテーマを描いているにも関わらず非常に
観やすく、さらに深い

今までの映画の場合、今回はハリウッドを例に挙げると人が簡単に死にすぎる
まぁ、ゲームにしても簡単に人が死んでしまうので、
生と死という本来すごく大きなテーマであるはずものが、
軽く観てしまう傾向があった

やはり、生きているものにはそれなりのドラマがあるもので、
それが死んでなくなってしまうという事の重大さ
しかし、死を避ける事ができないという事実
こういった事を深く感じさせてくれます

映画のワンシーンに、
「どうせ死ぬなら、なにもあんなに苦労しなくても。」
というセリフのシーンがありますが、
確かに死ぬ事も解っているし、苦労する必要もないという事も解っている、
でもなぜか苦労する道を歩んでいる様な気がする

もちろんその理由も解っている
おくりびとを観て発見したわけではなくて、
予め解っていた事を再認識できた気がします
そして、映画を観終わった後は、爽快感と言おうか充実感と言いう様な物が
広がっていました

80/100点
【2009/09/08 13:00】 | 027 「おくりびと」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 027 「おくりびと」 written by shing | ホーム | 1WM 026 「トレインスポッティング」 written by nak>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/122-e7cf6b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。