FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 026 「トレインスポッティング」 written by shing
ちょうど大学生の頃に単館系の映画館で大ヒットをとばしていた作品。

サブカルに毒されていた当時観ていなかったのが不思議に思える。

今観ればやっぱり色あせて見えるけど、当時はこういう毛色の作品はほとんどなかったと思うし、いまだにサブカルの代名詞のような作品に挙げられている点では価値のある映画であるとは思う。

しかしこのダニー・ボイルはこの作品ではメッセージ性のなさや中途半端なとこは作品のテイストがドラッグでデカダンスに彩られているところから功をそうしているが、その後のSFやプロットがしっかりいる作品に関しては駄作を連発しているから、基本的にいい監督だと思ったことはない。
これも悪い意味でTPOが影響した作品になってしまいまた(笑)
【2009/09/06 10:02】 | 026 「トレインスポッティング」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 027 「おくりびと」 selected by nak | ホーム | 1WM 026 「トレインスポッティング」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/129-8d250c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。