FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 029 「奇跡の海」 written by knr
トリアー監督の作品を観たのは、今回で2作品目
1作品目は、劇場での「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
ちなみに「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は、劇場で3回観ています
ハッキリ言って、物凄く好きな映画です 珍しくDVDも購入し、
思い立てば観ている状況で、あの映画のインパクトは常にリアルタイム
語れば長くなりますが、そのくらい好きな映画なのに監督を追うことを
していなかったのでm、今回の観覧は非常に楽しみでした

ということで感想ですが、私が感じたのはその「ダンサー~」の序章的な
作品ではないのかというのが正直な思いです
「ダンサー~」は私にとって完璧な映画で100点に限りなく近い映画
多分、今まで観た映画の中で一番評価をしている映画です
なので、当然この映画もトーンは非常に好きで、荒削りな感じはするのですが、
ラストシーンの処理以外はかなり見入ってしまいました
各章の冒頭のタイトル的な映像がまたリッチで雰囲気があり、
挑戦的な構成がある革新的な映画だとも思いました

ただ、主人公やストーリー展開で唐突な部分が多く、
監督の頭の処理だけで完結しているところが多かったのが残念でした
妄想と現実が交錯する手法に少し緻密さを書いていて、
登場人物のバックボーンもあまり描かれていないことから、
観客自体に想像力が無いとストーリーについて行けない状態になる
別について行かなくても映画全体を見失うことにはならないのですが、
「ダンサー~」はそのあたりが、上手く演出されており、どっぷりと
主人公と映画の世界観に浸かることができたので、評価は低くなります

撮影、美術、音楽、演技、どれをとっても素晴らしいのですが、
やはり私が求めていたクオリティーには達していない
先にも書きましたが、そういう消化不良の中であのラストシーンだったので
全体的な印象としては、心に残る映画にまでは達しませんでした

70/100点

結局は、「ダンサー~」が良過ぎるのでどうしようもない
でも、この監督は、私の好きなツボをしっかり押さえてくれていて
個人的には、これからも期待する監督の一人ということになります
また、他の作品も観て、検証をできればと思います。
【2009/11/22 00:53】 | 029 「奇跡の海」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 029 「奇跡の海」 written by nak | ホーム | 1WM 029 「奇跡の海」 selected by shing>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/131-ab948683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。