FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 033 「イントゥ・ザ・ワイルド」 written by nak
ハリウッドの映画を観るのは久しぶりの様な気がする
そう、1WMの中ではハリウッド映画は歓迎されていないのだ

さて、INTO THE WILD はその映画の質感などはやはり
良い意味でも悪い意味でもハリウッドらしかった

2時間以上ある映画なので、途中で挫折するかもしれないと思いながら
映画を見始めたが、何の事はないあっという間に見終わってしまう始末
やはりこの大自然という環境の映像に付いては凄いなという思うばかりで
さらに編集も良いなと思えたし、音楽もセンスの良い曲で好感が持てました
さすがにハリウッドの成せる技かとも思えるが、それよりも監督の
ショーンペンの技量には恐れ入る

そんな事よりも議論すべき点は、この映画の持っているメッセージ性
というよりも説得力ではないだろうか
実際の所、INTO THE WILD という映画の映像美よりも、
この説得力に引き込まれたというのが正直な感想だ

この映画の一つのキーワードに『新しい一歩を踏み出す』というのがあり、
事実主人公は新しい一歩を踏み出しています
アラスカに行くという一見無謀とも思える考えだが、その行動力と芯の強さには
カリスマ性があり旅の途中で出会った多くの人を魅了した
『人生は短いんだ。早く一歩を踏み出さないと』


この映画は議論になると思う


実際、新しい一歩というのは難しい
人間は弱くて誰かに依存していないと生きて行けない人がほとんどだからだ
さらにタチが悪いのは歳を取ると(30歳を超えてきた位)深く考えた事も
ないくせに根拠のない自信が出てきて、自分自身の歩んできた道そして、
これから歩むべき道は間違っていないと信じ込んでしまう事だ
このような人は間違った方向へ進んで行っても一生気付かない
主人公の言っているくそったれな人生はこういう人の事で、この人たちの
集まりが、社会的な束縛をさしているのだろうか

この映画は議論になると思った理由は、主人公の生き方はほとんど共感できない
からだ

究極の自由を求めたいという思いから荒野で暮らすという選択したが、
見方を変えれば現実から逃げているという様にもとれる。私にはこう見えた
人と違った生き方そして、明確な目標を持っていて、さらに具体的に
行動を起こしたという点は確かに素晴らしいが、それだけで優越感に浸っていた
のではないだろうか
新しい一歩を踏み出したが、結局死んでしまったため彼は一歩しか踏み出す
事が出来なかった
別の新しい一歩も踏み出すべきだったのではないだろうか

90/100

世の中には自立していない人、主体性を持っていない人が多すぎる

現実を受け入れるという事は大事な事だ
誰かに依存する事なく人として自立し、別の誰かと共感できる事が
素晴らしい事だと思う
この映画はそれを気付かせてくれた
【2010/02/14 04:33】 | 033 「イントゥ・ザ・ワイルド」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 033 「イントゥ・ザ・ワイルド」 written by shing | ホーム | 1WM 033 「イントゥ・ザ・ワイルド」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/147-d487cd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。