FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 034 「ALWAYS 三丁目の夕日」 written by knr
メジャー作品が続きます 本作は邦画の大本命ですよね
もちろん、メジャーに疎い私でもこの作品は知っていました
漫画自体もけっこう好きですのでいつか観たいなぁと思っていました

戦後の日本高度成長期に力強く生きていた人々を描いた本作
非常に気持ちの良い作品でしたし、勇気や優しさをもらいました
公開当初はCGのことが業界では話題になっていましたが、
ハッキリ言いまして、映画本来の醍醐味にはその要素の話題は必要ありません
ただ、職業柄そこにも注目していたのですが、酷評されていた程、ヒドイものではなく
かなり私は好意的に捉える事ができました

肝心の内容ですが、なんか息の詰まる想いでした
昔の日本人はこんなだったのに、何故今は・・・と痛感した
現代は、隣の人が何を考えているかわからない時代ですが、
この時代の人達は真逆・・・ ほんとみんな良くも悪くも仲が良い
もちろん、多分この映画はその「美しい」部分のみを切り取っている訳で
その裏にも悲惨さや汚さをあったと思います
ただ、今のように隠顕ではない
劇中で、冷蔵庫の普及によって氷屋が寂しそうな顔をしているシーンがありますが
なんだか清々しいし、きっとこの氷屋はまた別の切り口で商売を続ける・・・
そんな力強さや未来がこの映画には溢れていました

そんなことは起こりませんが、例えば、日本人全員がこの映画を見れば、
少しは国の空気が変化するのではないか とも私は思いました
先にも書きましたが、やはり優し過ぎる映画ですのでその分、メッセージ性は薄いですが
結局、映画って娯楽だし、この形で正しい映画はある
そういう意味でこの映画は、今だからこそ「正しいメッセージ」を発信できていたのだと思う

70/100

個人的には、この現実味版を見てみたいし、もう一つ下の階層をエグることによって
真の生きたメッセージが伝わるのではないかと感じた
ただ、国民の意気が全て未来に向かっている そういう時代があった
そのことを感じれるだけでも、観る価値のある勇気をもらえた作品でした。
【2010/02/16 15:49】 | 034 「ALWAYS 三丁目の夕日」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 034 「ALWAYS 三丁目の夕日」 written by nak | ホーム | 1WM 034 「ALWAYS 三丁目の夕日」 selected by nak>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/148-dbdae897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。