FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 032 「浮き雲」 written by shing
続けてのカウリスマキ
出世作ともいえる今作のほうが知名度はあるかもしれない
ある意味でカウリスマキの役者への求める演技の姿勢というのが一番正当であるともいえると思う
それはある種オペラや演劇のそれとは対極にあると思う
TAPの活動期に劇団と深く関わった時期もあったが常々わき起こる違和感が・・・それはなにだろうと思っていて幾年月、カウリスマキの映画を観て答えがでました
舞台という性質上、どのような感情でもある程度声を張り上げる必要性があり、音や仕草によるデフォルメが基本的に大きい
それを日常的なリアルさに落とし込むことができない点が演劇の好きになれないところであると自分で気がついた
カウリスマキはといえばあまりにも無機質なところがあるかもしれないがもともと寡黙な自分にとってはちょうどいいころあいなんですなw
それよりもなによりも今作は究極の夫婦愛が描かれていると思う
どんな状況に落ち込んでも甘んずることなく受け入れ痛みをともにする二人(途中でささいな喧嘩もあったが絵に描いたような夫婦喧嘩に比べればかわいいもんです)
そして最後に未来に希望がもてるほどの幸せをかみしめて終わる・・・
もともと口数すくなな二人が最後でとても「今を」かみしめている感じがする
それはそれまでのトーンの効果でもあるとおもう
「キッチンストーリー」のベント・ハーメルも似たような映画のトーンを持っている
もともと持っている北欧人気質のようなものか
とにかく好きです
90/100
【2010/02/14 00:00】 | 032 「浮き雲」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 033 「イントゥ・ザ・ワイルド」 selected by shing | ホーム | 1WM 032 「浮き雲」 written by nak>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/152-a85d3403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。