FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 036 「ドッグヴィル」 written by nak
1WMでのラース・フォン・トリアー監督の映画は、奇跡の海に続いて2作目。
私はこのドッグヴィルという映画ですっかりトリアーファンになって
しまいました。


一言でいうと良かった。

人間の弱さや欲と言った、人間のマイナスな部分をこれでもかというくらいに
えぐりだす。このえぐり方が強烈で1週間以上経った今でも鮮明に覚えています。
やはり、人間というのは「誰かの為」や「愛」という様なきれいな言葉を使って
善人の様に振る舞っている様に見えても、結局はその様な行動の向こう側にある
見返りや欲の為に行動しているだけではないだろうかと考えさせられます。

もちろん、育った環境の価値観などの影響が大きいと思われ、育った環境に
よっては上記の様な事はあまり無いのかもしれないです。
しかし、所詮人間。いくら理性があったとしても本質的には欲の奴隷となって
行動してしまう物です。
育った環境がこの映画の村人の様に、閉鎖的な環境で長い時間を過ごして
しまった人は特にそうかもしれなく、理性云々の前にもはや何が正しいかさえ
判断できない様になってしまうのだろうか・・・。

一つ思うのは、ニコールキッドマンがこの村にこなかったら、
いろいろな事を知る事も無く、人間的なレベルは低いかもしれないが、
それはそれで幸せに暮らせたのではないだろうかと思います。

映画は、3時間あり長い様に思われますが、ストーリーに吸い込まれて
ハラハラドキドキしながら3時間はあっという間に経ちます。
映画を観るとすぐに解るのですが、非常に簡略化された最高に斬新なセットです。
たまたま思いついたアイデアなのか、予算が無かっただけなのか、
またはそのどちらもなのか詳しくは解らないですが、簡略化されたセットで
ちょっとやってみようという程度ではなくて、ちゃんと映画として
成立している所がトリアー監督の素晴らしい所です。


非常に良かったという点ばかり書きましたが、実は1点だけ
あと一歩の点があります。
私自身は良かったと思っていたのですが、映画を見終わった後のTAP会議で
knr氏の指摘するラストシーンが消化不良という内容は、確かにその通りと共感でき
その1点だけがあと一歩かなと思った点です。

85/100

トリアー監督は賛否両論になる事があり、その好き嫌いが分かれますが、
この映画は一見の価値あり、お勧めできる映画です。

映画のラストシーンの直前でDVDに傷があり再生出来なくなるトラブル発生。
ツタヤのレンタルあかんなと思った次第です。
しかし、店員の対応が良かったので今回は許す。
【2010/05/01 00:26】 | 036 「ドッグヴィル」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 037 「バッファロー'66」 selected by nak | ホーム | 1WM 036 「ドッグヴィル」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/167-37c32bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。