FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 039 「グラン・トリノ」 written by nak
かっこ悪い話で、グラントリノというのは車の名前だったという事に、
映画を観ている途中で気付きました。
生粋のアメ車っていう感じで、当時(おそらく今も)人気は高かった
だろうと感じさせられました。
映画のストーリーでは、グラントリノが大々的に出てくるというよりは、
映画のスパイスになっているという様な位置づけです。
しかし、自動車産業と言われているアメリカの一つの象徴として、
今回の映画では、グラントリノは無くてはならない象徴だったのでは
ないかと思います。
そして、製作側としてはおそらくグラントリノを撮りたかったんだろうなと、
特に最後のシーンのグラントリノで走って行くシーンは、この絵を撮りたかった
んだろうと感じました。

そんな中、映画の中ではシビックとランクルが出てくるあたりが
アメリカの自動車産業の衰退を表しているようで、面白かったです。

映画の中でものすごく共感するシーンがあって、
一つは車を磨き上げた後で、ビールを飲みながら車を眺めるシーンと、
もう一つは、集めた工具を自慢するシーン。
もの作りに携わる身としては、ものすごく共感しました。


さて、映画の本題
既に面白かった点を書いてしまっていますが、上記以外にもストーリーも
良いですし、音も良いです。
ストーリーは、次の展開が比較的容易に読めてしまうようなありきたりな
ストーリーだったと思いますが、最後のシーンは今までのイーストウッドにない
衝撃的なシーンでした。

この映画は、無名な俳優を起用していますが、それもそのはず移民族から
キャスティングしているようです。そう考えてみると、言葉の問題も有るし、
キャスティングも難しかったと思いますが、それらの難しさが全く感じられない
ような映画の完成度に仕上がっていて、この辺はイーストウッドの手腕で
あったであろうと思います。
79歳でこれだけの完成度の映画を作り上げる、イーストウッド
俳優としても監督としてもまことに素晴らしいの一点です。

65/100点

既に80歳になるが、ハリウッドの第1線で活躍し続けるイーストウッドに脱帽
【2010/06/01 00:00】 | 039 「グラン・トリノ」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 040 「裏窓」 selected by nak | ホーム | 1WM 039 「グラン・トリノ」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/173-ac9f3a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。