FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 041 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 written by nak
ラース・フォン・トリアーは1WMで最も登場回数が多い人物と言って
過言は無いだろう。
それだけ、この1WMはトリアー監督はなにかの通ずる物があり、この監督の
影響を受けていると考えられる。

ダンサーインザダークは、トリアー監督の映画では最も知名度が高く、
カンヌで賞を取っている。実際この映画を観てみると賞を取るだけの事はあると
思える様な完成度の高い映画であった。

ストーリーは重たくて、映画を観終わった後、肩にずっしりとのしかかってくる
重たい感じがあり、おそらくこの感覚を好きな人は多くないだろう。
実際私も昔はこういったジャンル(重たい)の映画は苦手で好きではなかった。
今だからこそ、このような映画の良さが理解できる。

ダンサーインザダークは、
人間の弱さと母親としての強さ
盲目の苦しみと音楽の喜び
そして現実と非現実
これらの項目を、映画のストーリだけでなく技術的にもきわめて高いレベルで
描ききった非の打ち所がない映画でした。

95/100点

点数を付けるのが難しい・・・
過去の映画の点数と比較して妥当な点数としたつもりだが、この映画で100点を
とれなかったら、1WMでは100点満点はありえないような気がする・・・
私は、ドックビルの方が好きなのですが、評価として高いのは
ダンサーインザダークでしょう
【2010/06/29 00:22】 | 041 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 042 「告白」 selected by knr | ホーム | 1WM 041 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/181-9502a5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。