FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 046 「ノルウェイの森」 written by nak
ノルウェイの森についていちいち説明する必要は無いと思うが、
1000万部以上の発行部数で、全世界で読まれている村上春樹の
大ベストセラー小説です

映画が上映される2ヶ月程度前に小説を読んだのですが、
話題となっている小説だけあってさすがに面白い
と、同時に映画かは難しいだろうという事が直感的に分かりました
これだけの超大作を2時間程度の映像に押さえる事が出来るのだろうか、
文字だから出来る細かい表現やアート的な部分を表現できるのだろうか、
そういった疑問を抱きながら映画館に足を運びました

で、1WMとしては珍しく映画館での映画鑑賞となったわけですが、
映画を観て感じた事は、色・光の当て方やインサートの映像的な部分は
良かった。青いパパイヤの香りのトランアンユン監督だから出来る
映像美がそこには広がっていた
おそらく、日本の監督などではノルウェイの森の世界観をこのような
映像美で表現する事は出来なかっただろう

しかし、ストーリーはどうだろうか
やはりこれだけの超大作を2時間30分程度の枠に収める事は難しかった
実際私の場合は小説を読んで直ぐという状況だったので、そのストーリーを
理解する事は容易でしたが、小説を読んでいない人がこの映画を観たとき
おそらくほとんど理解できないのではないだろうか
それくらいストーリーの展開が早かったです
それ故に、一つ一つのシーンの持っている意味が薄くなっているような感じが
しました
青いパパイヤの香りでは、一つ一つのシーンの間や映像が綿密に計算され
ゆっくりとした感じだが長過ぎないという間の取り方で、ちゃんとた意味が
有るものと感じていました
それが、今回は小説を忠実に再現するという事もあったのか、小説の浅~い部分を
さらっと流したかのような映画に感じました
さらっと流したにしては、小説の中では非常に重要なイベントが省かれていたり
それほど重要でない(私の中では)イベントが描かれていたりして
はたして監督はこの小説を深く理解しているのだろうかと疑問を抱く所も
いくつかありました

例えば、この映像が10分くらいでノルウェイの森の小説を紹介する
イメージ映像です という位置付けなら有りだったと思います
しかし、映画としてみると小説の持っている良い部分
(普遍的なテーマ 人間の生と死、男女の性や欲)
の表現がいまいちで、結局何が言いたかったのだろうと思ってしまいます

30/100点

もし小説と比べると、小説の良い所があまり表現されていなかったと思うので、
さらに酷評となってしまいますが、基本的には映画としての評価となりますので、
表現できていなかったとしても単純に原作が良いという点は加点として考え、
映像の美しさと松山けんいちと緑役の子の演技がなかなか良かったという所を
考慮してこれくらいの点数かなと思います
【2010/12/26 10:28】 | 046 「ノルウェイの森」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 047 「鰐」 selected by nak | ホーム | 1WM 046 「ノルウェイの森」 written by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/197-50ee7836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。