FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 047 「ベルリン・天使の詩」 selected by shing
berlin

「ベルリン・天使の詩」

【スタッフ】
監督: ラジョス・コヴァーチ
製作総指揮: イングリート・ヴィンディッシュ
製作: ヴィム・ヴェンダース、アナトール・ドーマン
脚本: ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ
撮影: アンリ・アルカン
編集: ペーター・プルツィゴッダ
音楽: ユルゲン・クニーパー

【キャスト】
ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタン
オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、
ピーター・フォーク、ラジョス・コヴァーチ

【作品データ】
製作年度: 1987年/製作国・地域: 西ドイツ=フランス/上映時間: 128分

【解説】
1984年に公開した『パリ、テキサス』でカンヌ国際映画祭でグランプリを
受賞したヴィム・ヴェンダースが10年ぶりに母国に戻り作った作品。
天使から見た人間世界を描写したモノクロの画面と、
人間が見ているカラーの世界の巧みな使い分けにより、物語が際立って見える。
アメリカ人俳優のピーター・フォークの茶目っ気たっぷりの演技が、
重厚な作品の中にアクセントを添えている。
ライブハウスのシーンにニック・ケイヴ&バッド・シーズが
出演しているのも見どころの一つ。
「全てのかつての天使、特に安二郎、フランソワ、アンドレイに捧ぐ」
というクレジットで締め括られる。
1987年カンヌ映画祭監督賞受賞作品。

【あらすじ】
東西統一前のドイツ。天使ダミエルはベルリンの人々を見守り、
人々の内心の声に耳を傾けていた。人々には天使の姿は見えない。
天使の目に映る光景はすべてモノトーンの世界だったが、
サーカスで空中ブランコに乗っている女性マリオンに恋をした時、
ダミエルは鮮やかな色彩を感じる。
そんな中、ダミエルは撮影でベルリンを訪れていた俳優、
ピーター・フォークに出会う。
彼は見えないはずのダミエルに、ウインクを投げかけてきた…。
【2010/12/28 11:25】 | 048 「ベルリン・天使の詩」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 048 「ベルリン・天使の詩」 written by knr | ホーム | 1WM 047 「鰐」 written by nak>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/199-d70cdd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。