FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1WM 049 「HANA-BI」 written by knr
2011年は、王道の映画を観るということになり、
そして第一発目が、なんと北野武監督「HANA-BI」

思い入れが有り過ぎる作品ということ以前に、
この映画は本当に好きです 主観的にも文句無し

思い入れという面では、学生時代に北野さんと一緒の場に
入れる機会があり、質問もさせて頂いた経緯があります
本当に北野さんは学生映画を応援してくれていて、
勇気が出ましたし、テレビで見ている印象とはかなり異なっていました
物静かで、真剣で、胸の奥に「何か」を秘められていました
その時に小さな環境ではありましたが、HANA-BIを観覧させて頂き、
結局、その後にも映画館はもちろん、ビデオでも何度か観ました

そんなこんなでしたが、今回観てもやっぱり良かった!

複線や「オチ」を持たせるその編集センスの素晴らしさはもちろんなのですが、
その「間」や行間に意味を持たせている映画というのも評価に値します
また、その「間」と演技やセリフの演出が非常にコラボしていて、
映画全体のトーンもしっかり保てています
そのトーンは色んな意味でまさしく「キタノブルー」なんです

全体=夫婦愛という恒久的なものを映画全体のトーンで表現されている
撮影=キタノブルー配色と我慢するカメラワーク(時には前衛的な長回し)
演出=ディティールに拘るアクションと役者選定、小粋なセリフも素晴らしい
編集=複線と結果のカットを絶妙な「間」で挿入、論理的とも言えるインサート
音楽=強過ぎず弱過ぎずかつ耳に残る旋律、SEの入れ方もアクセントがあります

ロケーションも世界を意識したもので、雪の捉え方が日常的で嫌味が無かった
とにかく、この映画は一瞬で世界で通用する映画だとわかります
好きなシーンが有り過ぎて書ききれませんが、トータルで自分好みです
ただ、一点、絵画の描写が少々長く感じました
良い絵だとは思うのですが、若干その描写が長くて、意識を遮断してしまう時がある
小さなことだとは思うのですが、グっとこの世界観に浸らせるためには、少々過剰かも・・・

92/100

最初に観た時に、こんなトーンの映画を撮りたいなと思いましたが、
その想いは全く変わっていません 本当に文句無く素敵な作品
気狂いピエロの静寂版ともいえる今作 万人にお薦めです!
【2011/01/31 12:53】 | 049 「HANA-BI」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 1WM 049 「HANA-BI」 selected by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/203-d9ecca4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。