FC2ブログ
1WM 013 「エレファント」 witten by nak
1999年アメリカで起こった銃乱射事件
かなり悲惨な事件だったということをニュースで見た記憶がある

残念ながらその記憶は既に薄れていたのか、又は遠く離れたアメリカで
起こった事件なのであまり気にしていなかったのか、今回この映画を観て
その悲惨さを再認識させられた

やはり映画というものは、その時代に発生した事件や問題等を
表現していることがあり、その時代背景を描いている事が良くある
以前に1WMに登場した、「サルバドールの朝」もスペインの時代背景を
描いている映画だった

その時代に起こった事件を、後世に伝えていくにあたり新聞や教科書だけでは
不十分と感じる事があり
そこで、映画のように違ったアプローチから後世に伝えていくという事も重要だと思う
ま、一つの事件を学ぶのに2時間必要とし、時間的デメリットになるかも知れない、
しかし映画の方が心に響くと思うし、確実に伝わっていくと思う


エレファントという映画のすばらしい点は、製作者側の憶測を排除し
事実を忠実に表現している
そしてその表現も、あまりにも普通すぎる高校を描く事で、銃乱射のシーンをより
衝撃的に表現している
実際、銃乱射のシーンはかなりのインパクトがあった

70/100点
【2008/09/16 17:44】 | 013 「エレファント」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1WM 013 「エレファント」 witten by shing | ホーム | 1WM 013 「エレファント」 witten by knr>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tryanglepictures.blog95.fc2.com/tb.php/76-7c0315ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |